「今の仕事を続けるべき?」迷ったときに必ず考えたいこと3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
並木まき

Written by:

2018.03.20.Tue

今の仕事をそのまま続けていくべきか悩んでいませんか? 近年では転職も珍しい話ではないですし、夢を叶えるために一念発起して独立する人も増えています。しかし、いざ「今の仕事を辞める」と現実的に考えたときに「ああでもない、こうでもない」と色々なことを考え込んでしまうのも、あるあるですよね。
そこで今回は「今の仕事を続けるべき?」と迷ったときに、必ず考えたいことを3つご紹介します。

1. 仕事を辞めたあとの生活設計

「今の仕事に飽きた!」とか「職場の雰囲気がイヤ」などネガティブな理由で転職を考えている場合、もっとも課題になるのが“辞めたあとの生活設計”です。「それなりのキャリアがあるし、なんとかなるはず」と思っていても、転職はご縁やタイミングも関係してくるだけに、突発的な活動では思ったような就職先に恵まれない可能性だって否めません。
ここで「貯蓄があるから、少し時間がかかっても大丈夫」となれば安心ですが、そうではない場合には、ある程度の生活費を貯めてからの離職がベストなのはいうまでもありません。
目安としては、半年~1年の生活費が貯まっていれば、お金を気にせずに次のステップに移る余裕にも繋がります。

2. 本当にやりたいことを洗い出してみる

「今の仕事は辞めたい」と考えていたとしても、最初に今の仕事を始めたときには「やりたいこと」だったはずの人もいるはず。「やりたい」と思って始めたことでも、なんらかの事情によって「辞めたい」に変わってしまうのは決して不思議なことではありません。しかし、もしもそのようなスパイラルにハマって転職を繰り返してしまっているなら、この機会に「本当にやりたいこと」を洗い出してみる時期であるのかも。
自分が本当にやりたいことって、突き詰めて考えていくとそう多くはないはずですし、優先順位をつけて「本気でやりたいこと」「興味があること」などに分類していくと、どんな仕事をすべきなのかが明確に見えてくることも多々あります。
人間って「やりたいこと」が明確になると、ネガティブな出来事があっても前向きでいられる傾向があるので、転職を考えたときにこそ考えておきたいテーマです。

3. なぜ辞めたいのかも洗い出す

「あー、仕事辞めたい!」と思っている理由がどこにあるのかも「仕事を辞めるべき?」を考えるときには、突き詰めて考えておきたいテーマです。人間関係に原因があるのか、仕事の内容そのものに理由があるのか、あるいはお給料なのか……など、自分が「辞めたい」と考えている理由を書き出し、“見える化”することによって、次の転職ではそれらを排除した選択肢を選びやすくなります。
このとき、理由を客観的に見て「この理由では、他のところに行っても同じような悩みにぶつかりそう」と感じるのであれば、仕事を辞めずに踏ん張る原動力にもできるはず。

「今の仕事、辞めたほうがいいのかも?」が頭に浮かんだら、自分の考えを整理するいいタイミングでもあります。行き当たりばったりの転職で後悔するのは、もっとも残念な展開ですよね。転職に迷ったら、参考にしてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

並木まき

一般社団法人時短美容協会代表理事。前職は市議会議員。28歳から市議会議員(無所属)を8年間務め、結婚を機に政治家を引退しました。現在は出版社や企業のオウンドメディアを中心に恋愛・結婚・美容・食・不動産に関する連載を多数執筆中。「美人すぎる市議」としてメディアに出演した経緯から時短美容家としての活動を開始し、雑誌企画の監修やPRにも携わっています。犬・ヨガ・海が好き。
公式サイト:http://makinamiki.com
ブログ:http://ameblo.jp/maki-namiki
Twitter:https://twitter.com/namikimaki
Facebookページ:https://www.facebook.com/namikimaki.ichikawa/
Instagram:https://www.instagram.com/picmaki/
VALU:https://valu.is/makinamiki