朝が苦手な人にもオススメ! 寒い朝でも目覚める5つの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
深月あかり

Written by:

2018.03.12.Mon

やっと春が訪れましたが、まだまだ朝は寒いですよね。朝が寒いと、どうしても起きるのに時間がかかってしまうもの。私も朝はなかなか起きられなくて困っています。
ということで今回は、寒い朝でもなんとか起きるための方法をいくつか紹介します。

寒い朝でも目覚める5つの方法

アラームが何度も鳴るよう設定する

携帯電話のアラームを、2分おきくらいにセットしておきます。2分おきに音が鳴ると、さすがに二度寝はしなくなります。そしてオススメは、音だけでなくバイブレーションも鳴るように設定しておくこと。
音だけでは起きない場合でも、振動を受けると不思議と体が反応して起きるものです。

好きな人にモーニングコールしてもらう

これは私が学生時代によくやっていたことです。好きな人にモーニングコールしてもらうと、当然ながら距離も縮まります(しかも、寝起きの声ってかわいいと男性は思うらしいです……)。もちろん、彼氏にお願いするのでもいいと思いますよ。
「明日、モーニングコールで起きる……!」と思うと「絶対起きなきゃ!」と思って、モーニングコールのちょっと前に目が覚めたりします。朝からドキドキわくわくする一日の始まり方なので、とってもオススメです!

目覚まし時計を離れた場所に置く

寒い時期にかなりオススメの方法がこれ! 携帯電話のアラームではなく、いわゆる置くタイプの目覚まし時計です。ベッドから少し離れた場所に目覚まし時計を置くと、布団から出てわざわざ止めにいかないといけないのです。
目覚まし時計って、けっこう音が大きいですよね。ベッドからかなり離れた廊下などに置くと、かなりの高い確率で布団の外に出ることができますよ。

ラジオを目覚まし時計代わりに

起きたい時間にラジオがつくようにセットしておきます。人の話す声って意外と気になるもので、不思議と起きられたりします。
ラジオ以外にも、テレビを予約してつくようにしておく、なんていうのもいいかもしれませんね。

好きな芸能人のお目覚めボイス

誰か好きな芸能人がいるならば、この方法がオススメ! 好きな芸能人のお目覚めボイスや好きなアーティストの音楽(アップテンポのノリがいい曲がベター)を聞けば、起きたくなること間違いなしです!
とはいえ、毎日やっていると飽きてきてしまい、効果が薄れてくる可能性もありますが……ぜひとも一度試してみてください!

いかがでしたか? 朝、なかなか起きられない人も多いかと思います。今回ご紹介した中で、気になる方法があったら、ぜひ取り入れてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

深月あかり

「好きなことを仕事に」をモットーにフリーランスで活動中。現在は講師業をメインに演技指導、アイドルのダンスレッスン、振り付け等を行っている。その他、役者・タレント活動、イベント企画など多方面でエンターテインメントに携わっている。ツイッター ※ https://twitter.com/yuchachaso プロフィール等 ※ http://shibainomachi.com/2017/07/21/0265/