ステージが変われば去る人も。疎遠になる友人が増えてきたときの心の整理術

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

人生のステージが大きく変わるとき。今まで親しくしていても、急にふと消える人が出てきます。
「去る人は追いかけない」というフレーズは何度も耳にしたことはありますが、いざ自分の元から友人たちが去ろうとしているとき、本当にこのままでいいのかどうか不安になるもの。今回は、疎遠になる友人が増えてきたときの心の整理術をご紹介します。これらのことを心に留めて、ゆっくりと整理していきましょう。

人間関係は、いつも変化をする

学生時代は、何も考えずに親友たちと「おばあちゃんになっても一緒ね」と言っていました。ところが社会人となり、それぞれが大切なものを抱えると、そうは言っていられなくなります。プライベートを大切にするか、仕事を大切にするか、趣味を大切にするか……。
それぞれの優先順位が変われば、会いたいと思う人も変わります。人生のステージが大きく変わるときは、友人どころか恋人さえも離れていくものです。
どんなに自分の元から去る人が増えても、自分の方針をブレさせてはいけません。そもそも人間関係は、常に安定しているというよりも、変化し続けています。変化する中で残るものもあり、新しい出会いもあるのです。いつも頭の中に「人間関係は変化する」と入れておくと、少しは気持ちが楽になるかも。

ステージが変われば付き合う人も変わる

人生のステージが変われば、付き合う人も変わるのは当然です。たとえば結婚をしたら旦那さんの愚痴を言いたくなりますよね。
どうやったら彼氏と出会えるかという話をする人よりも、一緒に旦那さんの愚痴を言える人に会いたくなるのは、仕方のないことです。一方、独身で仕事をバリバリとしている人は、同じようにキャリアウーマンたちと会いたくなります。
20代~30代は、それぞれ人生のステージが大きく、揺れ動くときでもあります。結婚をしていようともしていまいとも「本当にこれでよかったのかな」と問い続ける年代でもあります。
ステージが変わり、去る人が増えても、それは神様が自動的に人間関係の断捨離をしてくれている証拠。本当に必要な人は、自分で操作しなくても、最後まで必ず残るから大丈夫!

下がっていく人は放っておく・追いかけない

大人になっても、学生時代の感覚が抜けず、大人になりきれない女性たちもたくさんいます。たとえば、何回言ってもダメンズから離れられない人、遊ぶことに夢中で、いつまでもフラフラとしている人……。
そんな決して成長しているとは言えない人たちについては、距離を置きながら様子をみるのが一番です。あえて介入はせず、本人に任せておきます。
しばらくすると、相手から連絡があり「変わろうと思う」と宣言される場合も。しかし「本気で変わるから」と言った後に、再びダメンズの元へ戻る女性もたくさんいます。基本的には、下がりつつある人とは絡まないのが一番。
きっと誰よりも本人が「まずい」と思っているはずです。そこから上がりきるかどうかは、本人がどこまでがんばれるか……。彼女が変わるのを待つというよりも、遠くから見守ってあげましょう。

疎遠になる人が増えてくると、孤独を感じます。今までは、いろいろな人と出かけられていたはずなのに、出かける友人も固定化。
本当にこのままでいいのかどうか、不安になるときもたくさんあるはず。「去る人は追いかけない」を基本方針にしながら、今、側にいてくれる友人たちとの時間を楽しめば、きっと数年後、数十年後も一人にならずに、ゆっくりと過ごせているでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

山口 恵理香(やまぐち えりか)

WEBライターとして活動中。90年生まれ。
得意ジャンルは恋愛とライフスタイル、ファッション、ビューティーなど。
モットーは「瞬間を生きる」。現在、googirlのほかにAppwoman、TRILL、GODMake、コスメ二スト、サプリ、Ciel、マイナビティーンズなど20媒体以上で執筆中。
記事を読んでいただいた皆さまの背中をそっと押せる書き手であり続けたいと思っています。