多忙な人こそおススメ! 30分ランで日々快適に過ごしてみよう

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.12.07.Thu

何かと忙しいこのシーズン、健康のための運動やエクササイズをつい後回しにしていませんか? 特に冬は寒くて外に出るのも億劫だし、体型も厚着でカバーできるので運動不足になりがち。でも健康面だけでなく、ストレス解消としてもやはり体を動かすことは大切。そこでおススメなのが30分ランニングの習慣です。
どうして30分ランニングなのか、それは筆者が実際に始めてみて生活にメリハリがつきやすくなったからです。仕事や家事に追われ、溜まっていたストレスも、少し走ってみることで随分解消できているような気がします。その理由とやり方をご紹介しましょう!

30分ランニングがおススメな理由

理由1. 毎日というプレッシャーもなく、30分くらいの空き時間なら何とか捻出しやすい

30分ランは“できるとき・やりたいときにやろう”がモットーで、毎日必ず走ろうという高い意識はありません。忙しい日々でも、毎日でなければどこかで30分くらいの空き時間なら何とか捻出できます。仕事をちょっと早めに切り上げる、テレビを見ながらごろごろする時間を減らす……といった工夫で、ムリなく日常生活に組み込めるところが運動習慣としてもいいところです。

理由2. “ちょっと物足りないかな”くらいでストップできるので、飽きにくい

軽くストレッチしてから好きな音楽をかけて走り出すと、30分という時間は結構あっという間にたってしまいます。小走りよりやや早い程度のゆっくりペースで走っていれば、それほどきつくもありません。3回目くらいになると、「ちょっと物足りないかも、もう少し走れるかな」という欲も出てくるくらい。でもそれくらいでストップするから「楽しい、気持ちいい」という気持ちになれ、飽きずに続けられます。

理由3. なにもやらないより、30分でも“走った”ことは満足感や達成感につながる

人ってどんなに小さなことでも満足感や達成感を得られると、とてもポジティブな気持ちになれるものです。「最近家と会社の往復以外何もしてない」と感じながら過ごすより、1週間に1度でも「30分走った」と言えるほうが自己肯定感も高まるような気がしませんか? またイライラやストレスもとにかく体を動かすことで解消される効果も見逃せません。暴飲暴食や衝動買いよりもはるかに健康的でお財布にもやさしい習慣なのです。

30分ランを楽しく続けるヒント

先にも述べましたが、義務感ではなく、“できるとき・やりたいときにやろう”というスタンスでいることがゆるーく続ける秘訣です。ダイエットやトレーニングを目標にする必要はありません、自分が気持ちよく、毎日の生活にメリハリがつけばそれが一番の収穫という運動へのアプローチがあってもよいのではないでしょうか。頻度は週2くらいがプレッシャーもなく続けやすいのですが、ライフスタイルによって個人差もあるでしょう。

ランニングを習慣に、というのは相当の意志と決意がなければ続かなそうな気がして、しり込みしてしまいそうですが、こんなふうにゆるーく始めてみるのもアリ! 健康面、精神面できっとうれしい効果があると思うので、気楽にトライしてみて下さいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。