いい女ほど貯金ができる! マネー美人になる4つの習慣

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
大塚 ちえ

Written by:

2017.09.28.Thu

お金がなかなか貯まらない・貯金ができない……。そんなお悩みを持つ人は、お金が貯まる習慣が身についていないだけかもしれません。お金が貯まる習慣を身につければ、だれでも貯金ができるようになります。今回は、貯金ができるマネー美人になるための4つの習慣をご紹介します。将来の自分のために、頑張って貯金を増やしましょう!

1. 決まった買い物は給料日にまとめ買い

たとえば毎月購入する基礎化粧品やコンタクトレンズ、シャンプーやパンストなどの消耗品はまとめて給料日に買っておきましょう。まとめ買いすることで買い忘れもなくなりますし、支出の整理もしやすくなります。「シャンプー買わなきゃ」と思ってドラッグストアに入って、となりに置いてあったトリートメントやワックスも無駄に買ってきてしまう、なんていう無駄遣いも減ります。必要なモノを必要な分だけ、というのが節約の基本です。

2. 給料日には貯蓄専用口座に先取り貯金

毎月のお給料が振り込まれたら、すぐに貯蓄専用の口座に決まった金額を預け入れましょう。真剣に貯金をしようと思ったら、先取り貯金が非常に有効です。残ったお金を貯金すればいいや、という発想ではまず貯金は成功しません。貯蓄専用の口座がない、という人は今すぐ作ってください。そしてお給料日当日のうちに、貯蓄用口座に移動して。移動させるのが面倒、という人はインターネットバンキングをうまく活用してください。ネット銀行の中には、自動で貯蓄口座に移し替えてくれるサービスを提供している銀行もありますよ。

3. お金をかけるところとかけないところを考える

自分の中で、「お金をかける」ところと「お金をかけない」ところをきちんと考えて買い物をする習慣をつけましょう。たとえばファンデーションは、ちょっと高くてもカバー力に優れ、ヨレにくいものを。ファンデーションは出先で塗りなおすことも難しいですし、メイクのベースとなるものですからできれば高品質なものを使いたいですよね。一方で、たとえばチークはプチプラでも発色がいいものも数多く存在しますし、外出先でも塗りなおしが簡単ですよね。こんなふうに、モノの性質と費用対効果を考えてお金をかけるところとかけないところを見極めていきましょう。

4. 1週間で使っていい金額だけ週の初めに財布に入れておく

まずは1週間で使っていい金額を計算しておきましょう。その金額だけ週の初めにお財布の中に入れて、そこから1週間の支出を管理していきます。自由に使っていいお金として食費・交際費・被服費などの流動的な費用をすべてまとめると計算がラクですし、管理もしやすくなります。今週使っていいのがいくら、というのが簡単に把握できると予定の調整もしやすくなります。また、ある程度まとまったお金を手元に持っておけば、何度もATMでお金をおろして手数料がかさむ、という事態も避けられますよね。お金は賢く、ラクに管理しましょう。

お金を貯めることは難しいことではありません。ただ先に貯めるお金だけ取っておいて、残りのお金の中で使いすぎないように気を付けるだけで必ずお金は貯まっていくのです。自分の中でシンプルなルールを決めて、それを習慣化するだけ。難しく考えず、無理なくお金を貯めていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

大塚 ちえ

都内で働く金融OL。仕事に家事に育児に貯金に、忙しい現代のはたらく女性を応援する記事を目指し日々精進中。