ここが嫌い! 自分の性格を受け入れるためのポジティブ発想【後編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2017.04.30.Sun

自分が欠点だと思っていることを、ポジティブにとらえることは容易ではありません。しかしその欠点も、裏を返せば長所になりうるのです。
前編と同様に、後編でも自分の性格を受け入れるためのポジティブな発想をご紹介していきます。当てはまることがあれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

引っ込み思案で人のいいなりになっちゃう人

人前で物事を発言することが苦手な引っ込み思案な人は、その場の雰囲気に流されてしまい、他人の言いなりになりがちです。まわりにも、あなたを利用しようとする人が少なくないかもしれません。しかし、その引っ込み思案な性格は、「私にできることなら断りたくない」という優しい心によるものなのです。
一般的に、人は献身的に生きるのが難しいといわれています。しかし引っ込み思案な人は、ほかの人より先んじて献身的な人生を歩んでいる、といえそうです。引っ込み思案な人がまわりの人を引っ張っていく力をあわせ持つことができれば、皆があなたを信頼できる人として頼ってくるかもしれませんよ。

気持ちが強すぎてせっかちな人

コレ! と思ったことにすぐ飛びつく人は、せっかちな人かもしれません。熱意が強く、その道に対して結果が出るまで頑張ろうと意気込むのですが、すぐに答えを求めるばかりに、辛抱強さが足りない傾向があります。計画的に行動するのが難しいので、熱意があってもなかなか上手に物事を続けられません。人に厳しくなってしまったり、自分の意見を相手にもわかってほしいと強く願って無理強いしてしまいがちです。しかしそんな行動をとってしまうのは、じつは人を導く方法がすでに備わっているからなのです。
人を寛容に受け入れる力もあわせて身につけられると、より人を指導することに長けた人になれますよ。

自信がなさすぎる人

いろんなことを学んではいるものの、なにかと自信がなくて行動ができない人はいませんか? 困っている人を助けたい、人の力になりたい、だからこそたくさんのことを学んできたのに自信がない人は、人の言葉に耳を傾けすぎたり、世の中の動向を探りすぎて注意深くなりすぎているのかもしれません。
すでにあなたが持っている知識は、他人にとっても貴重な情報です。自分らしい方法でその知識を伝えれば、人はあなたの声に耳を傾けてくれるようになりますよ。

すぐにイラっとしてしまう短気な人

ちょっとしたことですぐにイラっとしてしまうのは疲れているから? それとも性格だから……? たまにイラっとしてしまうくらいでは短気とはいえません。
イラっとしてしまったときに自分の悪意に悩んだり打ちのめされたりしていると、とてもツラい気持ちになります。「人に厳しくしている自分はこれでいいの?」と自問せずにはいられませんが、じつはイラッとしているときというのは、そのイラッとしている相手を受け入れようと試みている最中なのです。
他人を認めるということはとても難しいことです。それに挑戦しようとしている自分をしっかりと受けとめ、ほめてあげましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。