絶対イヤ! 不美人な「不幸オーラ」を身につけちゃう危険な思考3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2016.12.05.Mon

美しい女性にはハッピーなオーラがあると言われています。それとは逆に、見た目を暗く、おブスに見せてしまう「不幸オーラ」も存在しているのだとか……。この人、不幸そうって思われたら絶対キレイにはなれないですよね。
今回は、知らない間に不幸オーラをまとってしまう可能性が高い「危険な考え方」をご紹介したいと思います!

今すぐやめよう! 不幸オーラが出ちゃう考え方3つ

なにか嫌なことがあると「私って不幸だな」と思ってしまう。恋愛や仕事がうまくいかない、人間関係が悪い。そんなとき「なんて不幸なの?」と悲観的になってしまうこともありますが、そんな気持ちを引きずっていると「不幸オーラ」がじわじわと……。何重にも重なって、気付いたときには脱ぐことができないぶ厚い不幸オーラに! すると、次から次へと不幸なことが起こるという話です。いや~怖い!!
よく街で見かける「不幸そうな不満顔のおばさん」にならないために、今すぐやめるべき不幸な考え方をチェックしてみましょう!

1:「私ばかり」被害者意識

嫌なことが起きてしまったとき、「あの人のせいでこうなった」とまわりの人やなにかのせいにしてしまう癖、ありませんか? なんで私だけが、私のせいじゃないのに、と被害者意識が強くなってしまうと、無意識のうちに「私なんてどうせ」と被害者特有の不幸オーラが強くなってしまうと言われています。
「◯◯のせいで」「◯◯が悪い」とまわりを責めるだけでは、不幸そうな印象を持たれるのは当然のことです。輝きが失われて、口がへの字に曲がって、考え方だって「どうせいいことないし」と不幸なことを呼び込む負の連鎖に陥ってしまいます! 被害者意識は今すぐ捨てましょう!

2:「人と比べてしまう」競争心

負けたくないと思う気持ちは大事。自分を成長させるきっかけになるし、頑張る意欲にもなります。でも「勝ち負け」にこだわりすぎる闘争心の強い女性になってしまうと……話は別になってしまいます。勝ち負けだけしか見えないと、まわりの人の幸せが「妬ましい」「私だって努力してるのに、悔しい」とひがみやすくなってしまうのです。
たとえば、友だちの結婚話を聞いても「私より先に結婚するなんて」、ママになった友だちに「私はまだ」、昇進した友だちに「なんで私じゃないの?」そんな妬みの気持ちが顔にも表れて、人の幸せを喜ぶことができない女は、不幸な雰囲気を身にまとってしまいます! 頑張ることは大切ですが、人と比べて「勝ち負け」を決めるのはいいことではありませんよね。そもそも勝ち負けなんて、人の価値観によって違うものです。どっちが勝っているか、よりも自分が「幸せだな」「私らしいな」と思えることに気持ちを集中させる方が、絶対に幸せになれるはずです!

3:「ないもの」を欲しがる意識

「お金がない」「恋人がいない」「才能がない」「○○がない、ない、ない!」とないものばかりに目が行っていませんか? 今あるものに満足しないで、「ないもの」ばかり見るクセを持っている女性も不幸オーラをまとう危険性が。足りないものへの執着が強すぎると、不満が大きく膨らんで不幸な雰囲気が出てしまうものです。「ないもの」より「あるもの」を大事にする姿勢も幸せオーラを生み出すきっかけになります。
「お金はないけど、やりたいことができている」「恋人はいないけど、自由な時間がたくさんある」「ずば抜けた才能はないけど、やる気はある」と「あるもの」が見える人は、それを大事にして、新しい行動を生み出すことができますよね。自由な時間があるんだから、あれもしなくちゃ、これもやりたいと、あるものに感謝して、前向きに動ける人に、幸せが集まってくるといわれています! まずは「自分にあるもの」をリストに書き出してみるといいかもしれません。

まとめ

ハッピーオーラを身にまとう美しい女性になるために、こんな考え方は今すぐ捨てるべきです! 不幸オーラはぶ厚くなって、いつしか脱げなくなってしまうといわれています。そうなったら後悔しても遅い……。不幸を重ね着してしまう前に、考え方を見直してみることが大事です! 内側からの輝きを出すために、ぜひ意識しておきたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm