冷えが肥満の原因に! 体を温めダイエットをする食生活のヒント

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2016.11.16.Wed

冷え性の人は冬の寒さがとてもつらいと思います。体の冷えは血流も悪くさせてしまうので、代謝が悪くなり肥満の原因になってしまいます。また、体を引き締めたくても筋肉が付きにくい状態にもなります。もし、冬にダイエットをしようと思っている人は、冷えを改善させることも考えましょう。体を温めながらダイエットを行うと、効率よく痩せやすい体質にすることができますよ。

鉄分不足で冷え性に

女性のほとんどは貧血気味だと言われるほど、鉄分不足な人が多いです。生理もあるため男性よりも多めに鉄分を摂取する必要があります。
鉄分不足は冷え性の原因にもなっているのですが、その理由は体内に酸素をちゃんと送ることができているかどうかに関係があります。そもそも貧血になる人は血液の量が少ないのではなく、酸素が全身にちゃんと運ばれていない可能性があります。酸素がいきわたらないことで代謝が崩れ、体が冷えやすい状態になってしまうのです。鉄分は血液のなかで酸素を運ぶために重要な仕事をしてくれているので、鉄不足を解消する必要が出てきます。

鉄不足を改善するには?

厚生労働省の基準でも、女性は男性よりも鉄分を多めに摂取するようすすめています。とくに月経があるうちは積極的に鉄分を補給しましょう。1日に平均して10mg以上40mg以下が望ましく、妊娠中の中期から後期はより多めの摂取を心がける必要があります。しかしこの基準を満たすにはちゃんとした食事を意識しないとなかなか摂取できない量です。
鉄分が豊富と言われている豚レバーは100gで約13mgです。好きな人はペロリと食べられるかもしれませんが、毎日となると大変ですよね。卵や大豆、海藻類といった鉄分の多い食材はたくさんあるので、鉄不足を解消するには自炊を心がけるといいかもしれません。

塩分で体を温める

冬になると腎が弱まります。寒さにより体が冷えて腎臓の働きが鈍るためです。しかし、お腹が空きやすい冬は甘い物や脂っぽい食べ物が食べたくなってしまい、余計に体の冷えを加速させてしまいます。じつは「甘い物が食べたい」「油っぽいものが食べたい」と思うのは、体内のミネラルバランスが崩れているからです。
そのミネラルバランスを整えてくれるのが塩分になります。塩分はむくむのでは? と思われがちですが、天然のミネラルを含んだ塩は、カリウム・マグネシウムが豊富で、むくみの原因となる余分な水分をとり除き、体内を温めてくれます。塩分を控えると体の冷えに繋がることを忘れないようにしましょう。

塩分不足を改善するには?

塩辛いものは好きだから塩分不足なはずがないと思っている人は、どのような塩を摂取しているのか見直してみましょう。食品の成分にすでに含まれている塩のほとんどが、塩化ナトリウムでミネラルが含まれていません。これらはむくみの原因となり冷えを引き起こします。天然の塩や醤油、味噌に含まれている塩分は、体を温めてくれるミネラルがたっぷりなものです。塩分不足もまた、自炊を心がけて天然の塩を選び調理をしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。