気だるい朝に! 素早く眠気を吹きとばす方法7選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2016.11.11.Fri

寒い朝は温かいベッドからでるのがつらいですよね。そんなつらい朝は、素早く眠気を吹きとばす◯◯が効果的! 今回は気だるい朝に素早く眠気を吹きとばす方法をまとめてみました。

レモン水で目覚めスッキリ

朝1杯のレモン水は体内の水分を補給し、全身にくまなく水が行き渡ることで体のなかまですっきり目覚めることができます。一方、体内の水分が不十分だと、疲労感が溜まり、免疫力の低下やストレスなどさまざまな問題を引き起こす原因になります。
また、レモン水には口臭を防ぐ作用もあります。レモン水は温めのお湯に半分にカットした新鮮なレモンを絞るだけで簡単につくれます。

陽の光を浴びて体内リズムを整える

朝浴びる太陽は体内リズムを整えるために必要不可欠。時差ぼけや日々の夜更かしなどで体内リズムが狂っているときも、朝日を浴びることで体内リズムをリセットする効果があります。

髪の毛を引っ張り血行促進

ベッドからなかなか出ることができない朝は、髪の毛を優しくひっぱってみましょう。こうすることで頭皮の血行がよくなり、スッキリと目覚めるのに効果的。ストレス解消の効果もありますが、髪の毛を強く引っ張りすぎないよう注意しましょう。

携帯電話でニュースをチェック

就寝前に携帯電話のスクリーンをみると良質の睡眠を妨げる原因になるといわれますが、素早く眠気を吹きとばしたい朝には携帯電話のスクリーンが活躍してくれます。
明るい画面をみることで自然と目覚めモードに。ベッドで朝のニュースをチェックしている間に頭が冴えてくるのを感じるはずです。

簡単ストレッチで脳に酸素が行き渡る

寝起きに手足を伸ばしたり、両手をグーパーに広げたりして簡単ストレッチを行うと、体内の血流がよくなり、脳に酸素が行き渡ります。
朝のストレッチ習慣はスッキリと目覚めるだけでなく、リラックス効果や便秘改善効果などさまざまな効果を得ることができます。

リンゴ酢で胸焼け解消

食べすぎた次の日は、胃が重く感じてなかなかベッドからでることができないもの。そんな日はお湯で割ったリンゴ酢がオススメ。リンゴ酢は消化を促進し、胸焼け解消に効果的。
また、体内をアルカリ性に保ち、体のPHバランスを整える作用があります。リンゴ酢は瓶の下に沈殿物や濁りがあるものをチョイスするのが◎。沈殿物はナチュラルな天然リンゴ酢の証です。酸味が気になるときは、ハチミツをいれて飲んでも◎。

音楽でポジティブに目覚める

目覚ましをかけると同時にお気に入りの曲が流れるようにセットしておきましょう。音楽は脳に刺激を与えて、自然に目覚めるのを手助けしてくれます。また一日をポジティブに過ごす効果もあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr