毎日100%じゃ疲れちゃう! 今よりもっと肩の力を抜いて「頑張らない生き方」を目指そう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

月、火、水、木、金、土、日。仕事に趣味に、そして恋に……毎日100%で頑張っていると、ふとした瞬間に“疲れ”を感じて、そのままズルズルと悩みはじめた経験はありませんか?
自分以上に頑張っている人、夢を叶えている人はたくさんいる。そう思うと、ただぼ~っと過ごすわけにもいきませんよね。しかし、まだまだこれからが長いのに、今から全速力では走りきることができません。たまには空を眺めて、新鮮な空気を体内にとり込み、循環させましょう。
そこで今回は「頑張らない生き方」を目指すためにも、いくつかのポイントをご紹介いたします。

丸々1日休む時間をつくる

自分では休んでいるつもりでも仕事をしていたり、仕事とまったく変わらない作業をしていたりと、意外と休めていないのでは? 最近は、夢を叶えるために睡眠時間を削ってまで頑張る人ばかりクローズアップされますが、そこまで自分を追い込まなくても、きちんと努力している人の元へと幸せは舞い降りてきます。なかなか休めていないなら、久しぶりにお休みをとって、朝から晩まで好きなこと・やりたいことをたくさんしましょう。
もしかしたら、あまりの忙しさに録画しておいたテレビドラマがたくさん溜まっている人もいるかもしれませんね。たまにはお家にこもって、ドラマや映画を観ながら、ゆったりするのもいいでしょう。スピードをゆるめることも人生においては必要です!

一人の時間を大切に

本当にアクティブな人は、仕事が終わってからオールをしたり休日もスポーツをしたりと、どこまでもアクティブな日々を送っていますよね。たしかに人と関わることで得られるものもたくさんありますが、定期的に「一人になる時間」をつくらなければ、ただの“流されている人”になってしまいます。いつまでも若さを理由にハッちゃけるのではなく、そろそろ大人として「内省」する時間をつくり、自分と向き合っていきましょう。
「今」という時間軸だけでなく、先の先まで見通したうえで行動しないと今より歳を重ねてから後悔することになりますよ! 束の間のリラックスタイムは一人で過ごしてみて!

他人と比較しない

お休みの日にSNSをチェック。すると友人が「起業しました!」「○○賞をとりました!」――と目標を達成したことを報告しているのをみて焦る気持ちがおさえきれずに、自分も対抗してつぶやいたり、なにかしらのことを投稿していませんか? そもそも他人と張り合おうとしている時点で、大人になりきれていない証拠。他人と比較して自分のお尻を叩いたところで、いつかは息切れしてしまいます。アラサー前後になってきたら、そろそろ他人と比較するクセはやめて、自分のペースで人生を歩んでいきましょう。

休む・サボる勇気も必要

いかがでしたか? 夢や目標を達成するために努力することはとても大切。でも、頑張りすぎて体を壊して「健康」というもっとも大きな宝を失ってはなにも意味がないのです。ときには、ゴロゴロ・ダラダラして、とことんサボらないと、疲れちゃいますよ! 豊かな未来を手にしたいなら、まずは「休む勇気」をもちましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

山口 恵理香(やまぐち えりか)

WEBライターとして活動中。90年生まれ。
得意ジャンルは恋愛とライフスタイル、ファッション、ビューティーなど。
モットーは「瞬間を生きる」。現在、googirlのほかにAppwoman、TRILL、GODMake、コスメ二スト、サプリ、Ciel、マイナビティーンズなど20媒体以上で執筆中。
記事を読んでいただいた皆さまの背中をそっと押せる書き手であり続けたいと思っています。