大掃除の前に「My棚卸し」! より輝く自分で新年をむかえよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
國塩亜矢子

Written by:

2015.12.19.Sat

いよいよ年末! 年賀状に大掃除に帰省に……なにかと気忙しい時期に突入です。毎年ドタバタとすごしてあっという間に年が明けてしまう、という人も少なくないのでは? でもちょっと待って。年神さまがやってくるおめでたいお正月。せっかくなら気持ち新たにむかえたいですよね。
そこで今回は「My棚卸し」についてご紹介したいと思います。

「My棚卸し」ってなに?

「My棚卸し」とは「自分自身の棚卸し」。会社の資料や商品の在庫は何度も棚卸ししているという人も、自分自身の棚卸しには手を抜いていませんか……? 年末こそ自分自身と向き合うチャンス! 今年1年を振り返り、冷静に自分を見つめ直してみましょう。そうすることで新年の課題や目標がハッキリと見えてくるかもしれませんよ。

まずは「できたこと」を書き出す!

「My棚卸し」の基本手順は「振り返り」。ノートや手帳、ペンを用意して、まずは今年1年で「頑張ったこと・達成できたこと」をノートや手帳に書き出してみましょう。次にそれらは今回で終わりにするものなのか、来年さらに続けたいことなのかを書きます。続けたいことの場合、続けるためになにが必要なのか、いつからまた動くべきなのかを書き出します。

次に「できなかったこと」を書き出す!

次に今年1年で「できなかったこと」を書き出します。なぜできなかったのか、理由を冷静にできるだけ細かく書き出してみましょう。ここで出てくることが来年の課題になります。「できなかったけど、そもそももう必要ないと思う」ことなら潔く諦めていいでしょう。
「できなかったけど、やっぱり達成したい」ことなら、足りなかったことを分析して自分に必要な知識や人脈、経験を積むべく行動に移しましょう。原因が明確になれば、あとは行動あるのみです。

行動のプランニングを立てる!

「できなかったこと」の整理で見えてきた課題。本当にそれが達成したいことなら、その情熱を信じて行動を起こすべき。手帳を開いて、いつから動くかザックリでいいので計画を立ててみませんか? スクールに通ったり資格が必要なら、まずはその情報収集から。資料請求をする、見学に行くなどはじめの一歩が大切です。

自分自身の棚卸し。自分のことだからこそつい後まわしにしてしまったり、また今度……と言いきかせて後まわしにしてしまったり。年末はそんな自分としっかり向き合い、本当にやりたいこと・やるべきことを明確にし、いい意味での「決意」をもってすがすがしい気持ちでむかえたいですね。
新しい1年がきっとワクワクと楽しい毎日になりますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

國塩亜矢子

インナービューティー料理研究家・フードコーディネーター 「インナービューティー」を軸とした自宅での少人数制レッスン、メディアでのコラム執筆・レシピ開発等の仕事を通じ、「正しい食のあり方」×「美」についてのエッセンスを伝えている。出産後は離乳食レシピや妊活・マタニティ・授乳ママレシピの開発にも積極的に取り組み、女性のライフステージごとに関わる「食」の大切さを幅広く発信中。 女子栄養大学認定・食生活指導士1級 日本野菜ソムリエ協会認定・べジフルビューティーアドバイザー、調味料ジュニアマイスター、キッズキッチンインストラクター
★著書「決定版!節約・冷凍レシピ」(宝島社)
★ブログ:「旬食美人学~Let's enjoy meals & beauty !~!」 http://ameblo.jp/ayablo-1220/
★HP:「旬食美人学」 http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/