目指せアクティブ女子! 朝からガツガツ活動するための3つのやる気スイッチ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

前の晩に「明日は朝早く起きよう」と思って目覚ましをかけても翌朝にはアラームを止めたまま寝てしまう自分がいる……そんなときに、早朝から活動している意欲的な女性の姿をみると、自分が情けなく思えてきてしまいますよね。なかには、オールで夜通し遊んだまま、職場に向かうアクティブ女子もチラホラと。今よりもさらに充実した毎日をおくるためには、朝早く起きることが大切。
そこで今回は、朝からガツガツ活動するための3つのやる気スイッチをご紹介してまいります!

朝シャワー・朝風呂

早朝に目覚ましをかけてもそのまま寝てしまう原因は、朝起きたときに「楽しみ」がないから。
起きても職場に行かなければいけないというユウウツな気持ちでいっぱいになり、毎朝心が折れかけている人がきっとたくさんいらっしゃるでしょう。
たまにお休みの日に朝早く起きてシャワーを浴びたら、気持ちよく目覚められたなんてことがありませんか? 朝起きたら、シャワーに入る・お風呂に入ると決めておけば、少しは前向きに朝をむかえられるかもしれません。
最近はいい香りのするシャワージェルや半身浴グッズもたくさん売っているので、普段がんばっているごほうびにそういったグッズを買うのもアリ! 朝からさわやかな香りに包まれれば、きっと出勤時にもおだやかな気持ちで会社に行けるはず。

その日達成したいことを3つ書きだす

シャワーを浴び終える頃には、重たい頭もサッパリとしているはず。そのままお化粧をする前に、まずは、その日達成したいことを3つ書き出しましょう。3つとも仕事に関することを書く必要はありません。たとえば「帰ってきたら録画しておいたドラマをみる」「新聞をチェックする」など、ごくごくシンプルな日課でもいいんです。大切なのは、3つともすべて達成しようとする前向きな姿勢。
早朝から目標を宣言するだけでも、その日のモチベーションは大きく変わります。朝から晩まで走り抜けられるように自分を奮い立たせてあげましょう!

写真を1枚撮影する

一通り支度を終えた後は、写真を1枚だけ撮りましょう。自分でも空でも、何でも構いません。自撮りを毎日していると、その日によって表情が大きく違うことに気づくはず。大きな仕事を達成しなければいけない日の朝は、やはりどこか不安げな表情をしているもの。わざわざSNSにアップする必要はなく、あくまでも自分で振り返るための写真であるということを忘れずに。晴れた日は空を撮影するのも、朝から清々しい気持ちになれるのでオススメですよ。

いかがでしたか? 早朝から活動するリズムに体が慣れてくると、前よりも1日を長く感じることができ、心豊かになります。不思議と仕事でもいい評価をもらえたり、プライベートでもいいことが起きたりするものなんですよね。朝が苦手でなかなか起きられない人は、ぜひ3つのやる気スイッチを実践してみましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

山口 恵理香(やまぐち えりか)

WEBライターとして活動中。90年生まれ。
得意ジャンルは恋愛とライフスタイル、ファッション、ビューティーなど。
モットーは「瞬間を生きる」。現在、googirlのほかにAppwoman、TRILL、GODMake、コスメ二スト、サプリ、Ciel、マイナビティーンズなど20媒体以上で執筆中。
記事を読んでいただいた皆さまの背中をそっと押せる書き手であり続けたいと思っています。