ユーウツ? じつは楽しい仕事の飲み会で気をつけたいこと3つ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
生井澤 葵

Written by:

2015.10.16.Fri

ハロウィン・忘年会・クリスマス会・新年会……飲み会が続く季節になってきましたね! 友だちとの飲み会は楽しいけど、仕事関係の飲み会は苦手……なんて女子は少なくないはず。
でも本当は仕事関係の飲み会って、とっても楽しいのですよ! そしてその飲み会によって仕事がスムーズになることもあるなど、いいことづくしなのです。そこで今回は、仕事関係の飲み会で気をつけたいこと3つについてご紹介していきます!

1. 座る席は冒険してみよう!

飲み会は、いつもはなかなか気軽にお話できない方などとお話しするチャンスです! いつものメンバーのそばにコソッと座るのではなく、めったに話せない人や偉い人の近くにニッコリお邪魔するのがオススメです。「お話うかがいたいんです!」と上座に割りこんでもしかられることは、まずありません。
お仕事関係のお付き合いは、「好かれる」>「嫌われる」>「印象なし」です! 失敗を恐れずアピールしちゃいましょう! 仕事関係でいろんなな方と知り合いになっていると、仕事がとってもスムーズに進みます。仲よしの同僚などととは、あえて仕事関係の飲み会で話さなくてもいいのでは? というのが筆者の意見。せっかくなので、初対面の方やふだん接触できないような方にどんどん話しかけましょう!
ちなみに、弁護士仲間でとても社交的な友人がいるのですが、その子と一緒に飲み会に出ると会場ではバラバラに行動して、行きと帰り以外話さないのが暗黙のルールになっています。

2. 飲み会のあとのお礼は忘れない!

「わざわざお礼なんて、大げさじゃないかな? みなさんお忙しいし……」なんて思うのは間違い。ていねいなお礼はどんな人でもうれしいものです。
ごちそうになってしまったような場合は、翌日にきちんとお礼のお手紙か電話を! 難しい場合はメールでも。やりすぎなんてことはありません。
感謝をきちんと伝えられるというのは、まさにステキな女子力! いや、むしろきちんとお礼できないほうが女子力低めかも(まわりはみんなお礼しているかも)……。

3. お酒を無理に飲む必要はナシ!

お酒は体調に合わせて! が鉄則です! 無理して飲んで、まわりに迷惑をかけた……なんてことになってしまっては、元も子もないというもの。「飲めません!」と、最初にハッキリ表明してもおかしなことはなにもありません。
うっかり乾杯の生ビールが運ばれてきてしまった場合には、近くにいるお酒好きな人にもらってもらうお願いをするのが吉。乾杯して口をつけずにもらっていただきましょう。もったいなくないし「とりあえず生ビール!」の雰囲気を乱さないのもステキです。

おわりに

いかがでしたでしょうか? 弁護士という仕事がら、飲み会のない月はない! 1週間連続で飲み会! ということもある筆者ですが、どの飲み会も毎回楽しみです。皆さんも、ぜひ上記の3つのことを頭にいれて、飲み会を楽しんでくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

生井澤 葵

弁護士・中央大学法科大学院実務講師・JADP認定夫婦カウンセラー。
主に埼玉県で弁護活動をしています。
女性の弁護士ということで、夫婦の問題や、男女の問題についての相談が集まり、
その分野の問題を多く取り扱っています。
ホスピタリティのある法律相談ができるように、
カウンセラーの資格も取得しました。
女性がある日、ふとぶつかってしまうような法律の問題を、
分かりやすい言葉で、丁寧に説明することが得意で、
法律事務所・弁護士に相談することのハードルを下げるために、
日々情報を発信しています。
ブログ 弁護女子。
http://blog.goo.ne.jp/bengojoshi
法律相談・講演依頼等、お仕事のご依頼は、
こばと法律事務所にご連絡ください。
http://www.kobato-law-office.com/