【簡単妊活レシピ】鉄分たっぷり! 牛肉とキクラゲの鉄分補給サラダ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
國塩亜矢子

Written by:

2015.10.20.Tue

こんにちは。インナービューティー研究家・フードコーディネーターの國塩亜矢子です。黒い食材には妊活に嬉しい栄養素がたっぷり! (詳しくは後編で)
今回はそんな黒い食材を活用した妊活レシピをご紹介! 短時間でささっと作れる簡単レシピなので、料理が苦手な方や仕事で忙しくゆっくり夕飯を作れない……という方におすすめです。

赤身の牛肉ときくらげで鉄分をしっかり補給!

牛肉はバラ肉やロースよりも赤身が多いもも肉がおすすめです。しゃぶしゃぶ用や切り落としなど薄くスライスしたものを選ぶことで、短時間で調理ができます。
「黒い食材」、きくらげは鉄分や食物繊維、お肌にうれしいゼラチン質が豊富。水でもどしてから牛肉と一緒にさっとゆでましょう。きくらげは乾燥タイプのほうが生タイプに比べて栄養素が身体に吸収されやすいといわれています。

牛肉ときくらげの鉄分補給サラダ

材料(作りやすい分量)

・ 牛肉薄切り(赤身)……150g
・ きくらげ……40g(水にもどしたあとの重量)
・ 水……約600ml
・ 酒……大さじ1
・ ぽん酢……適宜
・ 七味唐辛子……適宜
・ レタス……適量

作りかた

1. 鍋にたっぷりの水と酒を入れて沸騰させる

2. きくらげは水に約15分漬けてもどしたあと、ざく切りにする

3. 鍋に牛肉、きくらげを入れて2~3分火を通す

4. 3ををザルに上げ湯切りし、流水でしめる。その後水気をふきとる

5. 皿に洗って食べやすい大きさにちぎったレタスをしき、そのうえに(4)をのせる。ポン酢、七味唐辛子をかけてめしあがれ

レタスはサニーレタスやブーケレタスなど、普通のレタスよりも葉が柔らかくて葉先のカールが強いものを選ぶとかわいい見た目に仕上がります。

きくらげが余ったら……

きくらげが栄養満点なのはわかっていても、料理の活用のしかたがわからない……という声をまわりでよくきくので、今回こちらのレシピを考えました。もどしたきくらげが余った場合は、細切りにして卵とじスープに加えたり、細かく刻んで人参などと一緒に炊きこみごはんに入れてもおいしいですよ。

鉄分は妊活に必須の栄養素。また、細胞のもとになる良質たんぱく質も妊娠力を高めるのに不可欠です。着床しやすいふかふかの子宮の壁を作るため、また元気な細胞や卵子を作るため、妊活をはじめたら鉄分やタンパク質は積極的に摂取してくださいね。

▽ 後編へ続きます

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

國塩亜矢子

インナービューティー料理研究家・フードコーディネーター 「インナービューティー」を軸とした自宅での少人数制レッスン、メディアでのコラム執筆・レシピ開発等の仕事を通じ、「正しい食のあり方」×「美」についてのエッセンスを伝えている。出産後は離乳食レシピや妊活・マタニティ・授乳ママレシピの開発にも積極的に取り組み、女性のライフステージごとに関わる「食」の大切さを幅広く発信中。 女子栄養大学認定・食生活指導士1級 日本野菜ソムリエ協会認定・べジフルビューティーアドバイザー、調味料ジュニアマイスター、キッズキッチンインストラクター
★著書「決定版!節約・冷凍レシピ」(宝島社)
★ブログ:「旬食美人学~Let's enjoy meals & beauty !~!」 http://ameblo.jp/ayablo-1220/
★HP:「旬食美人学」 http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/