標的にされると超めんどくさい! 女性の嫉妬から逃れる方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2015.07.31.Fri

男性の嫉妬も怖いとききますが……。女性の嫉妬は日常にあふれているだけに遭遇する率も高く、めんどくさい気持ちにさせられるものです。さり気ない言葉のやりとりのなかでのマウンティングにはじまり、相手を蹴落とすための策略をねる女性までいる現状。一度、嫉妬深い女性にライバル視されるとことあるごとに競ってきて、自分のペースを大きく乱されることも。そこで超めんどくさい女性の嫉妬から逃れる方法についてかきました。

徹底的にムシをする

嫉妬心の強い女性を観察していると、ある共通点があることに気づきました。それは「自分に自信がない」ということです。だれもが100%の自信をもっているわけではないのですが、嫉妬心の強い女性というのは、とことん自信がない傾向にあります。口癖が「もう30代だから~」「モテる子はいいよね~」などと、他人の目を気にしたものや他人をうらやむものばかり――。そこからも自尊心の低さが垣間みえるのです。
そのためそのような女性に嫉妬されたとしても、相手にするに価しない存在だと思って徹底してムシするにかぎります。自信のない女性は、嫉妬対象の女性に相手にされることで「自分には価値があるのかも?」と期待しはじめます。ムシを続けていれば、そのうちさみしくなって絡んでこなくなるでしょう。

マウンティングしてきたら勝たせてあげる

やたらと嫉妬心を燃やしてくる女性はマウンティングが大好きです。今の時点では、どう頑張っても嫉妬対象の女性に勝てないことを心のどこかでわかっているため、口だけでも勝ちたいのでしょう。そのように哀れな女性ですから、マウンティングしてきたらあえて勝たせてあげるのもおすすめです。「うんうん、○○さんの方が魅力的だよね~」「さすがだね~」と女優にでもなったつもりで演技して、ちょっとオーバーに相手を褒めてあげると効果的。嫉妬心の強い女性は変に負けず嫌いですから、勝たせてあげることで気がおさまり、あなたに嫉妬心をむき出しにしてこなくなる可能性もありますよ。

プライベートな話は一切しない

嫉妬してくる女性には、プライベートな話は一切しないに限ります。ちょっとでもプライベートをさらそうものなら、彼女の嫉妬心にいたずらに火をつけることになるので注意してくださいね。嫉妬深い女性に「彼氏はいるの?」ときかれたら「いない」と答えたり、「まぁね」とそっけなく答えるのが正解。相手がそれ以上あなたのプライベートに踏みこんでこないように答えることが大事なのです。そのようなことを繰りかえしていけば、相手があなたに嫉妬する材料は減っていきますので、やがて嫉妬対象として意識されることもなくなるでしょう。

嫉妬深い女性が絶対においつけない領域まで自分を高める

これが一番スッキリする方法ですが、嫉妬深い女性が嫉妬できないレベルまで自身を高めていくのです。まず自分を高めようと思うと、嫉妬深い女性のマウンティングなんてどうでもよくなっていくでしょう。なぜなら、自分を高めることに集中して他人の嫉妬心に注意をはらう暇がなくなるからです。そうなると自分を高めることに成功する可能性も増し、一石二鳥でしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。