もっと自信を持てば、もっと輝ける! そんな自分をセルフプロデュースしてみよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2015.07.14.Tue

自分について確固たる自信やこだわりをもった女性はどんなシーンでも堂々と物おじしないでいるし、輝いていると思いませんか? でも自信を持つというのは簡単なようでいて、なかなか難しいものです。なにかとび抜けた才能やスキルがないと自信にはつながらないと思っているなら、まずその考えをあらためてみましょう。自己肯定感を高め、自分にできることを追求していけば、そこからおのずと自信は生まれてきます。
今回はそんな、もっと輝く自分になるためのセルフプロデュース方法をまとめてみました。

自分の長所や強みについて書きだし、その根拠を探ってみる

どんな人にだって長所や誰にも負けない強みがあるはず。そしてそれを一番よくわかっているのは自分自身です。まずは自分のそうした“いい部分”に注目し、それを最大限引きだす努力をすることが肝心です。

・世話好きである
・初対面の人とも打ち解けるのがはやい
・細かい作業が得意で、ミスが少ない
・子どもの相手をするのが得意

などなど。これまでの自分を振り返って“自分の力を出しきれた”と思うエピソードなどから、強みを見つけてみてください。そしてどうしてそう思うのか、その根拠を分析してみましょう。

上記の長所や強みを否定するような意見について、どう対処すべきか考えてみる

上記であげた自分の長所や強み、これらを否定する自分自身の声や他人の意見(先生や親・きょうだいなど)が現実にはあることでしょう。

・○○の成績が悪かったじゃない
・自分にはそんな才能なんてない
・いいと思っているのは自分だけで、他人や社会からは評価されないよ

そんな否定的な意見について、どう反論しますか? 成績などは学校のなかだけで通用するもので、社会に出てみたら評価は変わるかもしれません。もし自分で才能や強みを信じきれないなら、まずはあなた自身が自分をもっと信じてあげる必要があります。「私にはできない」「きっとやっても失敗する」、そんなネガティブな声をシャットアウトして、成功している自分、うまくその試練を乗りきった自分、というのをイメージしてみましょう。

小さな“ゴール”を達成するたびに、自分をよく褒め、認めてあげる

自分が伸ばしたい、もっと発揮したい長所や強みがはっきりしてきたら、それをもっとレベルアップするためにはどうすればいいか、考えてみて。そのプロセスのなかで小さな“ゴール(目標)”がきっとできるはずです。そしてそのゴールを達成するたびに、自分を褒め、「よくやった!」と認めてあげましょう。自分が頑張って達成してきたことはなにかはっきりと自覚することは、自己肯定感や自信を高めるためにとても大切なことです。たとえば自分へのご褒美として欲しいものをリストアップして、達成するたびになにかひとつ手に入れていくというのもモチベーションアップとしておすすめです。

自分の気持ちをアゲてくれるような、アイテムを見つける

“セルフプロデュース”のためには、自信をつけるだけでなく、“こんなふうになりたい”という理想像に自分を近づけることも大切です。そしてそんな理想像にぴったり合う小物アイテムがあれば、気分もアガッて「もっと頑張ろう」という気持ちになるはず。たとえば、

・香水
・アクセサリー
・スーツ

といった、「これを身につけていると、自信が湧いてくる!」と思うようなアイテムを見つけてみましょう。理想の自分にすこしだけ近づいた気持ちになれます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。