いざというときに頼りになる! バッグに忍ばせておきたいアイテム5つ

2015.04.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

これからいつ起こるかわからない災害。3.11の東日本大震災は今でも記憶に新しいですよね。
たとえ自宅に防災グッズを完璧に用意しておいても、いざというときに自宅にいるとは限りませんよね。
そこで、バッグに携帯しておくと便利なアイテムをご紹介します。これらは災害時はもちろん、普段ちょっとしたときにあると便利なものです。
どれも、とてもコンパクトなのに効果は絶大。ぜひとも常時バッグに忍ばせておきましょう。

1.笛

『タイタニック』という映画を見たことがある方は、ピンときたかもしれません。瀕死のローズが助かった手段、それはまさに笛なのです。
声を発することはとても体力がいることです。しかも、人間の声の大きさには限度があるものです。
しかし笛であればフッと一吹きするだけで、かなり大きな音が出ます。また、笛の高音は耳に届きやすいのです。ピンチで助けを求めるときに、笛はあなたの救世主になるかもしれません。

2.防水手ぬぐい

これは、防水加工がされた手ぬぐいのことです。折りたためるので、とてもコンパクトですし、いざというときには水を運ぶこともできる優れものです。
普段バッグに忍ばせておくと、急に雨が降ってきたときでも役立ちます。
またバッグに被せればバッグカバーにも早変わり。雨から大切なバッグを守ることもできるのです。

3.シミ抜き

シミ抜きは、まさに普段使いの救世主です。携帯用のコンパクトサイズのものが販売されているので、持ち運びにとても便利です。
これがあれば、たとえお気に入りの服を汚してしまっても大丈夫。ある程度のものなら綺麗にその場で落とすことができます。
彼のシャツにシミが……! そんなときもスマートに対応してあげましょう。女子力も好感度も同時に上がること間違いなしです。

4.除菌ジェル

たとえばこれからのお花見シーズンなど、外で何かを食べようと思ったときにウェットテイッシュが無い! なんてこと、よくありますよね。
そんなときに除菌ジェルを手にサラっとなじませましょう。一瞬で乾きますし、手を清潔に保つことができます。
ササッとメイクを直したいときにも役立ちます。
今は携帯用のかなりコンパクトなものも販売されているので、持っていて損はしないでしょう。

5.薬

これは、たとえば軟膏や絆創膏。胃腸薬や頭痛薬などをひとつにまとめておきましょう。
100均などで手に入るチャック付きの小さな袋に、これら必要なお薬を入れて、バッグに入れておくだけです。あるのとないのでは安心感も違ってきますね。

いかがでしたか? 「こんなの当たり前!」と思った方もいるかもしれませんね。
しかし、もし1つでもバッグに無いものがあったら、足しておくと役にたつこと間違いなしです。
なぜなら、あなたを守り、女子力を高めてくれるアイテムなのですから。少しでもお役に立てたら嬉しいです! ぜひ実行してみてくださいね。

2015.04.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 美萌

臨床心理士を目指す大学院生。明治大学大学院在学中。不登校児童等のプロ家庭教師(中高国語科教員免許所持)として仕事をする傍ら、芸術活動にも力を注ぐ。元ディズニーキャストで大のディズニーマニア。趣味はベリーダンスとスパ巡り、歌を歌う事。2015年朝美人アンバサダー。フリーライターとして他媒体でも執筆中。 instagram:mimoe_barairo blog:http://ameblo.jp/jo-hinsexy2013/

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介