人間関係の基本です! “聞き上手”になるためのヒントとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2015.03.13.Fri

3月といえば卒業シーズン、進学や就職などで今までとは全く違う生活環境になる人も多いことでしょう。新しい環境には早くなじみたいと思うものの、慣れない人間関係に戸惑うこともしばしば。そこで今回はあらゆる人間関係をスムーズにすすめる近道、“聞き上手”になるためのヒントをご紹介したいと思います。
特に初対面の人との場合、相手の反応を見ずにひたすら自分のことだけ話したり、黙り込んでしまったりしては決して好印象につながりません。それよりも相手が伝えようとすることに耳を傾け、自分との共通点をみつけて会話をつなげていくことが距離を縮めるためにも大切です。

アイコンタクト、そして体全体を相手に向けて“聞く”ことにフォーカスする

まずは身体的なコンディションを整えましょう。誰かの話をちゃんと聞くには、まずアイコンタクトを忘れないこと。そして体全体を相手に向け、“あなたの話を集中して聞いてますよ”と態度で示すことです。そうすることで相手としても喋りやすくなり、“話したい”というモチベーションも高まります。

相手の話を途中で遮ったり、自分の話を始めない

会話のマナーの基本ですが、相手がまだ話している途中なのに話を遮ったり、相づちを打ちながら自分から話し出してしまうのは相手の気持ちを害してしまう原因に。自分ではその気はなくても、相手の話をよく聞いていないとこうしたミスをしてしまうことがあるので気をつけましょう。また話の内容を先読みして、“つまりこういうことでしょ”と要約してしまうのも良くありません。相手には相手なりに話の流れを作っているのですから、それを中断されてしまうと、気分を害してしまうことだってあるのです。

相手の話に共感や理解を示し、“もっとあなたの話を聞かせて”というオーラを出す

相手の話を聞いているときは、共感できる部分はしっかりと相手にも伝えて、話の内容に対するフィードバックをするようにしましょう。あなたからのフィードバックが的確なほど、“ああ、ちゃんと理解してもらえているんだ”と相手も安心するはずです。会話はやはり一方通行では成り立ちません。相手の話を熱心に聞き、“もっとあなたの話を聞かせて”というオーラを出せれば、あなたはまちがいなく“聞き上手”になっているといえるでしょう。

相手が話しているときに、“どんなリアクションをすればいいか”なんて考えなくていい

誰かが話しているときは、それを聞くことだけに集中していればいいのですが、私たちはたいてい“この話に、どんなリアクションを返そう”と思い始めて、心がうわの空になりがち……。その結果、相手の話をちゃんと理解できず、イマイチな反応しかできなくて残念な結果に終わってしまうことが多いのです。聞くときは余計なことは考えず、ただとにかく聞く、勝手に自分流に解釈したり、リアクションに悩んだりする必要はまったくないのです。

参考記事(海外サイト):7 Signs Of A Good Listener

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。