朝、起きるのがツライ。スッキリ目覚めを促してくれる2大習慣

2015.01.24

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

寒い季節は「朝、起きるのがツライ」という声が増えます。スッキリ目が覚めずに、出かけるギリギリの時間まで寝てしまう……という方も多いのではないでしょうか?
起きてすぐにバリバリ活動するのもいいですが、ゆったりと気持ちよく過ごせば、ストレス解消や充実感アップにつながるはずです! 朝時間を上手に使って、1日をハッピーにスタート。心もお肌も美しくなる朝の過ごし方をご紹介します。

スッキリ目覚めるために必要なことは?

「私、朝が弱いの」という女性は非常に多いものです。スッキリ目が覚められないのは、体が冷えているせいかも。目覚めのよさと体温は密接な関係にあります。朝起きてすぐ、動かない状態ではかる体温(基礎体温)が、平均36.2度以下だと目覚めにくく、すぐ行動すると体に負担がかかってしまうといわれています。
目が覚めても眠たくて、うとうと。お布団から出るのがツライ……、そんな時は基礎体温を上げる習慣を意識してみましょう!朝起きたら、布団の中で伸びをしたり、足を動かしたりして、軽いストレッチを。体が温まって、目覚め効果をアップしてくれます。
また起床時には温かいものを食べたり飲んで、ゆっくりと体温を上昇させるとスッキリ目覚めが促されます。

お目覚め力をアップする2つの習慣

1.目覚めには「お白湯」が一番

起き抜けにお白湯を飲むと、体温が上がって、体が「活動するぞ!」というモードになります。それだけではなく、体の巡りをスムーズにして老廃物を排出する効果も!

・お白湯のつくり方
水をやかんで強火にかけて、沸騰したらフタをとって弱火でさらに10分ほど沸騰させます。
火を止めて、50~60度くらいに冷ましたら出来上がりです! カップ一杯を5分ほどかけて、ゆっくり飲むとじんわり体が温まります。

2.美容効果もアップ!スッキリ目覚め簡単ストレッチ

目が覚めても「眠い、寒い、布団から出たくない」ともぞもぞしてしまうこの季節。スッキリ目覚めるために、ベッドの上でもできる簡単ストレッチで体温をアップさせましょう!

★足を持ち上げて下半身の巡りアップ!
ベッドの上で仰向けになり、つま先を内側に向けます。足を付け根から10cmほど上に平行に持ち上げて、5秒間キープ。これを3セット繰り返しましょう。

★背中を伸ばして上半身の巡りアップ!
1.ベッドの上で起き上がり、肩の力を抜いて両足を伸ばして、横から見てL字型(上半身だけ起こした状態)に座る。

2.両方のつま先を持って、ひざを横に開きながら、つま先を胸の方にぐっとひきつけて、上体を前に倒します。そのまま20秒間キープ。

朝のストレッチは自律神経の働きを高めて、目覚めに効果的とされています。からだを伸ばしたり、前屈運動をしたり、肩をまわしたり、好きなストレッチを毎朝続けるのもオススメです。

2015.01.24

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を 執筆しているライターの松はるなです。 雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、 現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に! そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪ twitter: http://twitter.com/unicohm

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介