掃除がしやすい部屋にすればスッキリ快適空間に

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2015.01.19.Mon

散らかり放題の部屋だと、なかなか掃除もしにくくなり、気が付けば1か月2か月と散らかり放題、物がほこりまみれになっている女子が実は多いとか。仕事をしているならせめて週に一度は自分の部屋の掃除をしてキレイな状態を保ちたいところです。しかし、その前に部屋自体がごちゃごちゃしていると、なかなか掃除にまで踏み込めない人も多いと思います。

散らかっているのかごちゃごちゃしているのか分からない

部屋が散らかっている人は、洋服や雑誌、食べ物の食べかすなどが散乱している状態。なかなか後片付けができないので、一気に整頓してまたすぐに散らかるというサイクルを繰り返す人がいます。また、部屋がごちゃごちゃな人は、特に部屋が散らかっているわけではないのに、物がごちゃごちゃと多い状態。知らない間に物がどんどん増えて、なかなか部屋がキレイにならない! と悩んでいる人もいますね。
どちらも共通するのは、整理整頓ができない事にあります。もともと整理整頓ができていれば、部屋をいつでもスッキリした状態に保てますよ。

整理整頓ができている状態にするには

部屋が散らかってしまう人は、どこに何を置くかをしっかりと決めておく必要があります。洋服も上と下、下着と上着など置く場所を決める。パソコンやテレビなどの電気製品を一か所に、そして本や雑誌を置く場所は本棚を作るなど工夫が必要です。また、物がごちゃごちゃと多い人は、実はインテリアが上手にできていないケースが多いです。
かわいいからとインテリアグッズやテーブル、ランプなどいろいろ変え揃えても統一感がなくなり、余計に部屋がごちゃごちゃした印象になる事もあります。部屋の統一感を出すためにも、あまり物を置かない、買わない事も必要です。気に入ったものがあっても、一度自分の部屋のどこに置くか、そして必要か必要じゃないかを思い浮かべてみてくださいね。

掃除しやすくするために

掃除をしやすい部屋は、常に整理整頓ができている状態です。物を置く場所をしっかりと決めておけば散らかる事もなくなり、さらに物を置きすぎないことで整理整頓に繋がります。また、掃除をしやすいように家具や電化製品などの置き場所に気を付けてみてください。テレビなどは可動式の台に載せて動かせるようにしておけば、裏に誇りも溜まりにくくなり掃除しやすくなりますよね。
さらに、クローゼットだって洋服をしっかりと収納しやすいように整理しておけば、部屋に衣服が散乱することもなく、部屋全体に掃除機もかけやすくなると思います。また、インテリアとして飾るものが多いと、ホコリをかぶり掃除に手が行き届きません。細々とした物は置かずに、写真立てだけとか、花瓶だけなどシンプルで動かして戻しやすいものをインテリアとして使ってみてください。
掃除しやすい部屋にしておけば、週に一度の掃除も苦にならなくなるので、まずは整理整頓から始めてみてはいかがですか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。