“小さな”会話で“大きな”印象を残す5つのヒント

2015.01.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

顔見知りのママ友に思わぬところでばったり! 会社の先輩とエレベーターの中で2人きり……。親しい間柄ならともかく、微妙な距離感の相手とは何を話したらいいのか……。と考えて、会話もぎこちなくなってしまいがち。しかし、その“小さな会話”が相手とさらにいい関係を築くきっかけになってくれるかも。そこで今回は小さな会話で大きな印象を残すヒントをご紹介します。


相手の名前を呼ぶ

1度しか会話をしたことのない相手が、自分の名前を覚えていてくれたらなんだか嬉しくなってしまいませんか?(「……なんで知ってるの!」なんて怖くなる時もありますが……。) 名前を呼ぶという行為は、人の心をつかむ絶大な効果があります。人は誰でも自分を“重要な人物”として扱って欲しいもの。相手を名前で呼ぶことは“あなたを個人として尊重している”というメッセージを伝えます。あれ……何さんだっけ……なんて困ってしまわないよう、人の名前は積極的に覚えるようにしましょう。

まずは聞く

誰だって人の話を聞くよりも、自分の話を聞かせる方が好き! 相手の話を引き出すのなら、まず“聞く”ことから始めてみて。相手が会話のどの部分を聞いて欲しいのか、何を伝えたいと思っているのかを、表情や声のトーンから見つけましょう。相手が伝えたいポイントでしっかりと相槌を打つことで「この人わかってる!」なんて思ってもらえるはずです。会話の内容だけでなく、相手の全身をよく観察しながら会話をしてみて。

気持ちに共感する

「昨日お財布を落としちゃって」なんて相手が話し始めたら、あなたは何と返しますか? 「どこで?」「警察には行ったの?」「いくら入ってた?」なんていきなり質問攻めにしていませんか? 相手が話しやすい雰囲気を作るには、相手のペースで会話を進めるのが基本のルール。いきなり質問を投げかけず「それは災難だったね」などと、まずは相手の気持ちを受け止める一言を伝えてあげて。相手の気持ちに共感することで、相手はもっと多くの情報をあなたに伝えたくなるはずです。

個人的な内容は親しくなってから

出会って間もない相手とは、あまりに個人的すぎる会話は避けましょう。相手がどんな考え方をしているかがよくわからないまま会話を始めると、思わぬ地雷を踏んでしまうことも。特に愚痴や悩みといった内容は相手との信頼関係を築いてから話題にするのがベターです。

沈黙を恐れない

なんだか気まずい空気が流れるのが怖くて、沈黙を埋めるようにどんどん質問を投げかけていませんか? こんなふうに会話を続けていると、話しも膨らまず結局最後には「何を話したらいいのかわからない……」なんて状況に陥ってしまいがちです。あなたの緊張は必ず相手に伝わります。あなたが「どうしよう……何を話そう……」と緊張していると、相手との雰囲気もなんだかぎこちなくなってしまいがち。会話の最中に沈黙が訪れても、それで相手との関係がダメになってしまうわけではありません。ムリに話しをつなげようとせず、優しいアイコンタクトを送ってゆっくりと会話が流れるのを待ちましょう。

小さな会話が新しい関係の架け橋になってくれるといいですね。

2015.01.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Boytoy

元Go-Go Dancer。 美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。 外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介