海外移住の心得はコレ! 憧れの海外生活をしてみたい!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2015.01.09.Fri

海外と一言に行ってもいろいろな国があり文化があります。その中でも自分の中でこの国の文化に触れてみたい、と一度は思ったことはないでしょうか? 日本とは違う独特の街並みや食文化、さらに人々の考え方の違いなどは、その土地に行かないと体験することができないものです。憧れの国に行ってみたいい! 生活をしてみた! と思ったとき、何のために海外に行くのでしょうか?

その土地に慣れることで見つけられるもの

海外で生活することで得られるものは、自分自身の事を学ぶ、そして成長です。一人海外に飛び出してみると、すべては自分で行わなければいけない、考えなければいけない、決めなければいけません。そんなとき、自分の決めた行動が次へとつながることで新しい自分が発見されます。今まで学校や会社などの団体生活の中にいた時に、なにかしら人に助けられながら、そして頼りながら生きてきたことと思います。海外に行くことで、自分から助けを求めたり、人に頼らなければなりません。そこで触れる人との出会いはかけがえのないものになっていきます。

旅をして学ぶ、そして成長する

海外にかかわらず、日本も昔から旅に出ることでその土地の文化を学び、自分の住んでいる所へその文化を持ち帰り、広めてきました。自分自身でも海外に行き、そしてその土地の文化や考え方を学ぶことで自分を成長させることができます。もちろん日本でも学ぶことは多いこともたくさんありますが、海外で得る知識は日本にはない独特な考えばかりなので、当然カルチャーショックも受けますし、いろいろな考えを知ることで自分の考えも柔軟になってきます。

海外で生活するためには

海外で生活するためには、まず目的が必要です。何をしに行くのかです。何も考えずにあの国へ行きたい! となるといざその国に行ってから何か行動を移すことは難しいケースがほとんどです。なので、まずは語学を学びに行くとか、仕事をしに行くなど目的を持つことで生活の基盤のようなものか構築できます。語学留学などは、現地でも募集も行っているので日本からわざわざ決めていかなくても大丈夫なのですが、実際はVISAが必要になるので日本から問い合わせて見るとよいですね。日本にも斡旋業者があるので不安な人は日本の業者に頼みましょう。また、海外で仕事をする場合にもVISAが必要です。すでに語学が堪能な人はVISAさえ取得できれば海外生活を満喫できます。

海外で働くためには

まずは仕事を見つける前にVISAの問題があります。いくら英語ができてもVISAが無いと仕事ができません。30代までならワーキングホリデービザなどを利用すれば、オーストラリアやカナダ、ヨーロッパなどでも働くことが可能です。しかし30代を過ぎてしまうとこのビザを使うことができません。でも、海外生活を夢見ている30代OLは多いはず。そんな方は、インターンを利用することも一つの手です。現在では有給インターンと言って、お給料をもらいながら海外でインターンができる職場があります。VISAを斡旋してくれる会社もあるので、ネットなどで調べてみると良いですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。