仕事もプライベートも成功、ハッピーな人たちの習慣を学んでみよう

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2014.12.24.Wed

仕事では順調に成果を上げ、周りからの信頼も厚い、そしてプライベートでも素敵な恋愛をしていて充実している様子が伝わってくる、そんな人たちっていますよね。羨望と嫉妬の入り混じった複雑な思いでそんな人たちを見つめながら、“どうして私とこうも違うのだろう”と思ったりすることはありませんか?
でもそんなふうに感じる必要はありません。人生のいろんな面で成功してハッピーそうな人たちには共通する習慣たちというのがあります。そうした習慣たちをぜひ自分でも実践してみましょう、そうすれば自然とあなたにも運が向いてくるようになり、成功へと導いてくれるはずです。

習慣その1:情熱を傾けられる“やりがい”を持っている

それが仕事であれ、趣味であれ、なにか打ち込むことのできる“やりがい”を持っている人は、精神的にもはるかにタフで、幸福度も高いと言えます。たとえお金がなくても、状況が厳しいときでも、純粋に楽しめる“やりがい”があれば、不平を溜め込まず、乗り越える力になるからです。

習慣その2:毎日その日のプランを練り、計画性をもって過ごしている

いろんな面で成果を上げている人々は、その日にすべきこと、優先順位をきちんと決め、計画性をもって過ごしています。緻密にディテールまで詰めている必要はありませんが、物事をシンプルに考え、大局的にみて自分にとってもっとも有意義な過ごし方を決めているのです。だからこそ、やると決めた一つ一つのタスクに集中して取り組み、成果も上げやすいと言えます。

習慣その3:意義を認めるものについては積極的に参加するが、反対に自分に必要でないと判断するものはきっぱりと断る勇気を持っている

仕事もプライベートもうまくいき、幸福度の高い人たち。人との付き合いを大事にし、困っている人がいれば喜んで助けたり、また自分がピンチのときは誰かの力を借りることをためらうこともありません。とはいえ、ただやみくもに人付き合いがいいのともちょっと違います。
自分なりに意義を認めるものについては積極的になんでも参加しますが、自分にとってほんとうに必要ではないと感じる義理の付き合いや、時間の無駄になると思ったものにははっきりと断る勇気を持っています。自分のなかでしっかり優先順位を持っているからこそ、きっぱりとした態度で決められるのでしょう。

習慣その4:他の人の成功を心から祝福する

他人の成功を素直に喜べなかったり、嫉妬するようでは本当の意味でも“成功”を手に入れることはできないでしょう。そこから何か学べるチャンスと捉え、他人の成功も快く祝福できる、そんなマインドがしっかりできていると、成功も自ずと近づいてきます。

習慣その5:他人からの評価は気にしない、ただ自分の直感をつよく信じる

他人からのアドバイスを鵜呑みにしたり、ただ人の意見に従って動いているようでは、けっして確固たる成功を手に入れることはできません。成功し、幸福度も高い人たちは、なによりもまず自分の直感を大切にします。アップルのスティーブ・ジョブズなどはまさにその典型と言えるでしょう。世間の声や常識に囚われず、自分の直感に従って進む道を選べる、その能力こそが成功へのカギとなるのです。

参考記事(海外サイト):20 things successful people do to be happier

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。