あなたに足りないのはこれだった! 人を引きつける魅力的な「話し方」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2014.11.24.Mon

「声」や「話し方」は相手の印象にとてもよく残ります。そして「話し方」で自然と「良」「悪」と判断をしてしまうのが人間です。しかし「話し方」は努力すれば良い方向に改善することができます。そして「声」は人それぞれがもっている美しい個性ある魅力です。さらに魅力を引き出せるよう話し方について研究していきましょう!

言葉遣い

「だるい」「きもい」「うざい」など良くない印象を与えてしまう言葉を気づかずに使っている方がたくさんいます。特に「言葉遣い」というのは普段使用している言葉の影響が大きいです。意中の彼の前だけ女性らしい言葉遣いをしようと思っていても、とっさに汚い言葉が出てきてしまう場面もあるでしょう。言葉遣いはどんな時でも「正しく美しい」日本語が話せるよう気をつけましょう。

ゆっくり話す

自分がどのくらいのペースで話しているかというのを客観的に知るのは、とても難しいことです。そして多くの人が「早口」です。早口になってしまう理由に「相手の話を聞かない」「自分の言いたいことが最優先で伝わりやすいようにしていない」ということが考えられます。特に「相手の話を聞かない」というのは、話す以前の問題で失礼にあたるので、まずは「聞く」ということを意識しましょう。そうすることで自然と「話す」ということも上手になります。

話す順番

簡単なようで難しいのが「話す順番」です。
相手にわかりやすく、伝わりやすくするためには「結論」から話すことを心がけましょう。最後まで話をしないと何が言いたいのかわからないということが多く、聞いてくれている相手に「?」をうませてしまいます。どういう順番に話をすればわかりやすく、伝わりやすいか考えるくせをつけましょう。

相手の話を良く聞く

「話すのが苦手」「話したいことが相手に伝わらない」という人は「人の話を聞いていない」ということが多いです。相手が話している時に「何を話そう」「早く話したい!」など頭の中が自分のことでいっぱいになっているため相手の話を聞くことができず、「話を遮る」「話が逸れる」「話が理解できず何を言っていいのかわからない」ということが生じてしまいます。「話を聞き、理解する」ことで「話」のコミュニケーションがうまくいくでしょう。

滑舌

最後に滑舌です。話の内容がとてもわかりやすいけど、何を言っているのかわからないと好感をもってもらうのは難しくなってしまいます。滑舌は家などで改善するトレーニングを行えます。1度でも「滑舌が悪い」「何を言っているのかわからない」と言われた経験がある方は、常に思われている可能性があるので改善する努力をしましょう。自分では改善のしようがないという人は「ボイストレーニング」などで改善をすることができるので行ってみる価値はあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!