貯金できないのにはワケがある! ついつい無駄遣いしてしまうのはこんなときです…

2014.11.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

毎日遅くまで頑張って働いているのに、お金が全然貯まらない……なんてことありませんか。それはお給料が低いから……なんてもっともらしい理由をつけて諦めていてはダメ。心理学者や経済の専門家たちによれば、私たちはついつい思わぬことがきっかけで無駄遣いしてしまうことが結構多いのだと言います。意識していないうちに、どんどんお金だけが出ていく……なんて避けたい事態ですよね。そこで、どんなときに無駄遣いをしてしまうのか、その理由をまとめてみました。

千円札をよく持ち歩いていることが多い

千円札3枚お財布に入っているときと、一万円札3枚お財布に入っているときでは、どちらのほうがお金を使ってしまうでしょうか。答えは千円札のほう。一万円札をくずすのって心理的に抵抗あるけど、千円だとすぐに使ってしまうというのは皆さん、経験的にもお分かりではないでしょうか。便利だからと言って、いつも千円札をお財布に入れておくのは、結果的に無駄遣いにつながってしまうのかもしれません。

朝食を抜いてしまうことが多い

朝食を抜くと、その日ずっと空腹感や飢餓感が続き、そのストレスから散財にはしってしまいやすいという指摘があります。たしかにお腹が空いているので、コンビニでお菓子を衝動買いしてしまったり、カフェやレストランでも多めに注文してしまったり……。空腹感とは身体的なことですが、精神にも影響を与え、無駄遣いしやすい気持ちにさせてしまうなら、要注意です。ダイエットのためにも家計のためにも、朝はしっかり食べて1日を始めるようにしましょう。

Facebookをしている

Facebookを長時間やっている人は、幸福度が低いというような調査結果もありますが、それはどうしても自分の生活を他人の生活を比べてしまうからではないでしょうか。高い洋服を買ったり、高級店で食事をしているような友だちの投稿ばかりみていると、どうしてもつられて自分も“お金を使えるんだぞ”という気分になってしまうようです。たしかにリア充ぶりをアピールするのにも、いろいろとお金がかかってしまいますよね。わざわざ自分の予算を無視してまで、お金を使ってFacebookに投稿するくらいなら、Facebookとの付き合い方も考え直してみるのが良いのかもしれません。

期間限定セールスだと、衝動買いしてしまう

「本日限り」、「週末限定セール」などとお店の前に大きく出ていると、ただもうそれだけで何か買わなければ自分が損をする……そんな消費者心理をうまくついているのが、こういった期間限定セールスのマーケティング手法。“なにかが必要だから買う”ではなく、“これ以上ありえないくらい安いから買わなきゃ損”というマインドで買ってしまうのですから、これはもうお金を出したほうが負けというものです。“安物買いの銭失い”という言葉がありますが、ただ安いからというだけですぐに飛びつくのは、貯金体質とは程遠い行為と言えます。

2014.11.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介