朝食って食べた方がいいの? それとも抜きが正解?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.11.15.Sat

ダイエットをしている人の中には、朝食を抜いたほうがいいのか、それとも食べた方が良いのか悩んでいる人が多いのでは? どちらの説もあるため、迷ってしまいますよね。どちらも試したけど、効果が出てきたのはどちらですか? はたして実際は朝食は食べた方が良いのか、それとも食べない方が痩せやすいのか、どちらなのでしょうか?

朝食を食べるメリット

朝食を食べるダイエットのメリットは、一日の活動に必要なエネルギーを朝補うことで、効率よく使うことができるというものです。そのため、朝から炭水化物を摂取してエネルギー補給すると、体を動かす原動力となるわけです。また脳へのエネルギー補給にもなるとされ、仕事もはかどりやすくなるんですね。さらに朝食を食べることで胃腸を活発にし、内臓を目覚めさせることで体温を上げてくれます。このことから朝食を食べた方が代謝が上がり、ダイエットしやすい身体を作れると言われています。

朝食を抜くメリット

朝食を食べずに、朝から水分を取るだけにとどめると、一日の総合カロリーを大幅に減らすことができるため、ダイエットもしやすいとされています。また朝は体が排出モードになっているため、体内に食べ物を入れると排出の邪魔をしてしまうと言われています。実は、体は吸収と排出を同時に行うことができず、朝食を取ることでせっかくのデトックスの時間を邪魔することになってしまいます。朝はお水や野菜ジュース、フルーツなどにとどめることで、体の毒素を抜く時間を取ることができるんですね。

近年の考えとは?

朝食を食べる、食べない、どちらもメリットがありどちらにしようか悩んでしまいますが、最近の研究では、朝食は食べても食べなくてもあまり変わりがない! といった結果もあるようです。朝食を食べないことで、その後より多く食べてしまうといった事もなく、さらに朝食を食べた人は、その後体を活発に動かす人が多いため、総合的にカロリー消費に差が出ないというものです。朝食が一日の内で重要という考えではなく、一日にどれくらいの栄養を摂取し、消費するかがポイントだという考えもあるようですよ。

自分の生活リズムや体質に合わせる

結局どちらがいいの? という悩みに対しては、自分の生活で朝食が必要かどうかがポイントです。体を動かし、脳を使うような仕事をしている人は、朝食を取ることでより血糖値を安定させ、活動的になれます。また朝からあまり活動しない人は、朝食をとらずにデトックスを行うのが良いでしょう。
無理に朝食を減らして集中力が低下したり、胃腸の動きが悪いのに食べ物を詰め込むと、体が悲鳴を上げてしまいます。自分の生活リズム、さらに体調に合わせて朝食を取るか取らないかを決めてみてください。人それぞれ体の作りも生活習慣も違うので、自分に合った方が一番ですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。