「たかが風邪」では済まない! 風邪症候群とは!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2014.08.12.Tue

誰でも人生で一度はひいたことのある「風邪」。
「一度もひいたことがない」という人は、恐らくいないのではないでしょうか??
誰もがかかる病気なので、「たかが風邪くらい……」と軽く考えてしまい、無理をしてしまいがちですが、甘く見ていると二次感染で重病につながってしまうことも! 今回は、万病の元の「風邪」について調べてみました!

そもそも風邪とは??

風邪とは、呼吸器系の炎症による、発熱や鼻や咽喉の炎症、頭痛などの、さまざまな症状の総称のことをいい、正式には「風邪症候群」といいます。
この風邪症候群を引き起こす原因は、約9割がウィルスによるもので、そのほとんどが呼吸器系のウィルスになります。ウィルス以外の原因としては、細菌や、その他病原菌などが挙げられます。

風邪が原因で発症しやすい病気!

風邪をひくことで免疫力・抵抗力が低下し、本来ならかかることのない重い感染症(気管支炎や肺炎、胃腸炎、中耳炎、急性腎盂炎など)にかかりやすくなってしまします。
風邪をひいて3~4日しても症状が改善しない場合は、二次感染を起こしている可能性があります! 症状が長引く場合は、早めに受診しましょう!!

風邪を予防するには

風邪を予防するには何よりも免疫力上げる事が重要です! そのためには十分な睡眠、質のいい食事、適度な運動が必要になります。また過度なストレスを受けると、自律神経の働きが悪くなり、免疫力・抵抗力が落ちてしまうので、ストレスをためこまず、規則正しい生活を送って、免疫力を高めましょう。
また、王道ですが、うがい・手洗いは風邪予防の基本。こまめな、うがい・手洗いを心がけましょう!

それでも風邪をひいてしまったら…

残念なことに、風邪に特効薬はありません。なので、風邪の時は、対症療法をとりながら、自然治癒力を高めることが大切になります。そのためには、良質で十分な睡眠をとり、加湿器などで部屋の湿度を上げて、粘膜の乾燥を防ぎましょう。また、食事は温かく消化のいいものをとり、水分・ビタミンを十分に補給しましょう。

寒く乾燥した季節にひきやすい「風邪症候群」ですが、最近ではクーラーでの温度差などで、夏でも体調を崩して風邪をひいてしまう人もたくさんいます。
「たかが風邪だから」と無理をして、二次感染でも起こしてしまったら大変! 日ごろからの予防を心がけ、少しでも異常を感じたら、症状が軽いうちにきちんと休んで、ササッと治しましょう!!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!