若返りも期待できるアロマの取り入れ方とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2014.08.13.Wed

私たちは日々の生活の中でさまざまな香りに触れています。そして、その香りには癒し効果のほか、さまざまな効能があることでも知られています。
そこで、今回はアロマ(精油)を取り入れてキレイになる方法をご紹介したいと思います。

ハンガリーウォーターでアンチエイジング

14世紀ハンガリーの王妃であったエリザベートは、70歳を過ぎてから老齢のために体調を崩していました。そんな王妃のために修道士(宮廷に仕える錬金術師だとする説もあります)が考案し、献上したのがハンガリーウォーターの起源ではないかと言われています。
ハンガリーウォーターは、ローズマリーを何度も蒸留し作られるリキュールです。
このハンガリーウォーターを使用し始めたエリザベート王妃は健康を取り戻しただけでなく若返り、20代半ばであったと言われる隣国のポーランド王子にプロポーズされたという逸話まであります。そのため、ハンガリーウォーターは別名若返り水とも言われ、世界中の女性に愛されてきました。
元々はハーブベースで作られていましたが、現在販売されているものの中にはアロマ(精油)ベースで作られたものもあります。
香りを楽しみながらアンチエイジングでき、美肌効果も期待できるためおすすめです。

アロマの香りでホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れると、肌や髪のトラブルを招く可能性が高くなるほか、イライラしたり、気持ちが沈むなど精神的な不調を招く恐れがあります。つまり、ホルモンバランスを整えることは女性の美をサポートすることに繋がるのです。
そこで、ホルモンバランスを整える効果のあるイランイランやクラリセージ、ゼラニウムなどのアロマオイルを利用するのもおすすめです。これらのアロマオイルをマッサージに取り入れるほか、芳香浴や入浴時バスタブにいれるのも効果的です。

リラックス効果、安眠効果を得るために

ストレスが溜まると体内の活性酸素が増え、老化を招く大きな要因となります。つまり、ストレスをうまく解消することは美容と健康に大きな効果をもたらすこととなります。
ストレスを緩和し、心身ともにリラックスするためにアロマを利用することも有効。精神のバランスを整える作用のあるラベンダーや心を落ち着かせる作用のあるフランキンセンス、緊張をほぐしリラックスさせる効果のあるイランイランなどを使用してリラックスを心掛けるとよいでしょう。
また、質のいい睡眠もアンチエイジング、美肌のためには欠かすことができません。就寝前に心地よい眠りを誘うラベンダーや心を穏やかにさせ安眠を促すネロリなどを使用すると寝つきがよくなるだけでなく、安眠効果も期待できます。

いかがでしたでしょうか。
香りを味方につけ、美しさに磨きをかけてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

エイジング美容研究家、美容ライター、@cosme公認ビューティスト。保有資格:日本抗加齢医学会正会員、アンチエイジングアドバイザー、スキンケアアドバイザー。1976年生まれ。ウェブサイトや雑誌の記事作成・監修を行う傍ら、ラジオや雑誌、企業のインフォマーシャルなどに出演。公式サイト「アンチエイジング ジャーナル」(http://antiaging-sachiran.com)