幸せを呼び寄せる! 自信をつけるのに大事なことは○○に目を向けること!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2014.07.21.Mon

自分に自信、ありますか? 毎日を楽しく、生きれていますか? ……と、こう書くと何かの宗教の勧誘のようですね。実際に自信満々で毎日ハッピーな人は自分とは別世界のような人種に思えてしまうもの。そんな彼らと自分を比較してまた劣等感を覚えてしまう……なんてこともあるのではないでしょうか? 自分に自信があって堂々としている人には、ある共通点があります。逆に、自分に自信を持てない人の多くは悩む必要のないことに頭を悩ませているだけとも言えます。
そこで今回は、ちょっとした捉え方を変えるだけで、めきめきと自信がわいてくるハッピーになるコツをご紹介します。

自信をつけるコツ1:過去と未来を考えない

会社から帰宅後にこんなことを思う人は要チェック!

・「はあ……今日、上司に怒られたんだよなぁ……。もうやだ……」
・「将来のことを考えると、不安でしょうがない。結婚できるのかな……」

自信がない人は、つねに過去や未来に対してどうにもならないことで頭を悩ませ続けています。過去に対して後悔するということは、変えることができないことを一生懸命に変えようとしているだけ。不毛だということに気づいていないのです。
また、未来に対して不安を抱く人も、まだ定まっていない出来事をなんとかして定めようと不毛なことをしています。過去は誰にも変えることはできません。そして未来も誰にもわかりません。どうにもならないことを悶々と考え続けるのはナンセンスです。

自信をつけるコツ2:「今」に焦点を当てる

過去や未来は変えられませんが、「今」は自由に変えることができます。逆に言うと自分がこの瞬間に手にしているものは「今」しかありません。自分の力で好きなだけ、思い通りに「今」をアレンジすることだってできるのです。過去や未来を考えるときは見えないぶん、不満や不安、後悔や罪悪感などを持つことがありますが、「今」にはそれは不要です。
自由自在に変えられる「今」にフォーカスして生きるだけで、悲しみや不安からぐっと解放されるはずです。

自信をつけるコツ3:「この状況をどうやったら変えられるか」を意識する

過去や未来はとりあえず置いておく。そして「今」という瞬間に向き合ったときに、恐怖や絶望が押し寄せてくることもあるかもしれません。たとえば「怒られている現在」「大切な人を失った現在」など、現在進行形で辛い思いをしているとします。そういうときは存分に「今」感じている感情をかみしめましょう。自分はこういう出来事があって苦しんで傷ついているということを直視することが大切です。
めいっぱい「今」を感じられたあとは「この状況からどうやったら脱出できるか」を自然に意識していけるはずです。状況をすぐに変えることは難しいですが、逆に今の自分の力ひとつで無限に変わっていける可能性も秘めています。

今さらだけど…「今でしょ!」精神が大事

自信があり、堂々と輝いている人は「今」を精一杯生きている人たちです。過去や未来の不満や不安をあげれば誰だってきりがありません。変わらない過去や見えない未来にいくら思いを馳せていては「今」を生きていることになりません。ネガティブ思考や自己嫌悪に陥ったら「今」に焦点を当て、自分に何ができるのかを真剣に考えてみるといいかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko