おやつだって乙女の味方! 常備したいヘルシー(しかも美味しい!)おやつ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.07.06.Sun

小腹がすいた……何食べよう……そんなとき、生クリームがたっぷり入った菓子パンや、塩分をたっぷり含むスナックに手を出していませんか?(筆者は出しています!)
せっかく美容や健康に気を遣うなら、おやつにもこだわりたいもの。そこで今回は低カロリー、栄養満点、しかも美味しい! 乙女の味方ヘルシーなおやつをご紹介します。

ココナッツチップス

ココナッツチップスとは、ココナッツを薄くスライスしお砂糖や塩を加えて焼いたもの。チップになったぱりぱりの美味しいおやつは、ダイエッターの強い味方です。お菓子のような食感と味なのに、カロリーや脂肪は控えめで栄養満点。不飽和脂肪酸やカリウムがたっぷり含まれており、食物繊維も豊富です。まだまだ日本ではココナッツの人気は低いですが、日本のメーカーからもチップスが販売されているようなので一度チェックしてみるといいかも。

クルミ

心臓の健康を守ってくれるクルミ。小さなナッツなのに食べごたえは十分! 少しの量でもお腹を満たしてくれます。クルミには強い抗酸化作用の代表格オリーブオイルと同じ位強い抗酸化作用があります。細胞の炎症を抑え、脂っこい食事の後の血液の酸化を軽減する手助けを。血中コレステロールや中性脂肪に働きかけてくれるリノール酸は便秘にも効果有り。あま~いキャラメルでコートされた物についつい手が伸びそうですが、ダイエット中は味付けがされていないものを選んで下さいね。

ドライマンゴー

マンゴーには抗酸化に優れたポリフェノールが多く含まれていますが、その中でも有名なのはマンゴーに含まれる特別なポリフェノール「マンギフェリン」。抗肥満作用や肝臓を保護する作用があるとされています。ドライマンゴーを選ぶ時には漂白されていないもの、「亜硫酸塩」(食べ物の色の退色を防いだり、保存期間を長くする添加物)が含まれていない物を選びましょう。

枝豆

ビヨンセが産後ダイエットに取り入れたこともあり、海外でもヘルシーな人達の間でブームとなっている枝豆。この時期日本人のビールのお供になる枝豆は、栄養素をたっぷり含む理想のおやつです。カリウムの利尿作用や腸内環境を整える食物繊維の働きでデトックス効果にも期待大。また、女性にはうれしい鉄分も多く含まれています。ビールのおつまみとしてだけでなく、おやつとしても取り入れたい一品ですね。

アーモンドバター(ピーナツバター)とりんご

マイリー・サイラスやレディ・ガガも食べていたという、ヘルシーなおやつ。カロリーはちょっと高めなのでたくさん食べるのはお勧めしませんが、タンパク質と食物繊維が手軽にとれて、しかも心の満足度も高い一品です。アーモンドバターが手に入りにくい場合は、ピーナツバターで代用可。アーモンドバターはGI値が低い食品なので、血液中の血糖値を急激に変化させることがなく、満足感が長く続きます。トーストに乗せて、朝食としてもおすすめ。美味しいからと言ってくれぐれも食べ過ぎには注意して下さいね!

おやつを味方につけて、心も体も満足させてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。