気分も爽快! 朝もっと気持ちよく目覚めるための、ヒントたち

2014.07.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

朝の寝起きが悪いと、一日のスタートを気持ちよくきることができません。毎日すっきりとした気分で、元気にベッドから出たいもの、でもそれが意外と難しかったりします。そこで今回は、もっと気持ちよく目覚めるためのヒントたちを集めてみました!

気分のあがる音楽をかけて、ムードアップ!

まだ睡眠モードの体をしゃきっとさせるには、お気に入りの音楽が効きます! アップテンポな元気の出る曲、あるいは優雅な気分に浸れるライトクラシック音楽、好きな曲を集めた朝用プレイリストを作って、目が覚めたらさっそくプレイ。好きな音楽を聴いているときは、快感ホルモンであるドーパミンが放出され、前向きな気分で1日をスタートできるといいます。

生花やパフューム、朝一番にお気に入りの香りに包まれる

寝起きをすっきりさせるには、五感を程よく刺激するのがいいといいます。香りも例外ではありません。理想的なのは、寝室に生花を飾り、自然な花の香りを漂わせること。でも都会暮らしや一人暮らしだと、なかなかそんな余裕は持てないし、暑い夏の時期はお花も長持ちしません。そこで代わりになるのがお気に入りのパフューム。バラの香りは女性らしい気分を高めるパワーがあるといいますが、この時期なら、ジャスミン、オレンジブロッサムといった柑橘系の爽やかで重たすぎない香りがよいでしょう。また冷たいミントティーなどもおすすめ。香りは意識の深部にまで作用するので、お気に入りの香りに包まれれば、気分もあがってきます。

寝室に朝の光をとりこんで、早起きしやすい環境にする

真っ暗な部屋でないとしっかり眠りにつけないと遮光カーテンを利用している人も多いですが、朝の光は体内時計に働きかけ、意識を覚醒させる大きな働きをします。特に今の時期は日の出も早いので、早朝から起きだし、家事、勉強やエクササイズをするにはうってつけです。寝る前にカーテンの少しを少し開けておき、朝の光が差し込むようにしておきましょう。

朝イチのセックスで、1日中幸せ気分をキープする

パートナーと住んでいるラッキーな人には、イチオシなのがこれ。夜でなく、朝からパートナーと愛し合ってしまうというものです。夜は疲れていて、すぐ寝てしまうという人こそ、朝は時間を有効に使ってほしいと思います。海外の調査でも朝セックスすることで、パートナーへの愛情が深まった、朝からとても充実した気分で過ごせるということが多く指摘されています。さらに朝のセックスは、免疫力アップにも大きく役立つという健康面でのメリットも指摘されているほど。朝からセックスを楽しみ、女としての自信も大いに上がりそう。ムードアップにもなり、健康にもいいとなれば、これを利用しない手はないでしょう。

2014.07.30

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介