生理前の不調「PMS」に効くのはあのドリンクだった!

2014.06.29

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

生理前になると、体が重い、やる気が出ない、イライラしやすくなるといったことがありませんか。そして、生理の始まりとともに嘘のようにそれらの症状が消えてしまうという方はPMSかもしれません。

PMSとは?

PMSとはPremenstrual Syndromeの略で、月経前症候群とも言われています。月経の1週間から2週間程度前から起こり、月経の開始とともに症状が消える周期性の症状です。
その症状は身体的なものと精神的なものに分けることができます。それぞれの症状は下記の通り。

身体的症状

下腹部の膨満感、下腹痛、乳房が張る、乳房痛、頭痛、便秘、下痢、不眠、過剰な睡眠欲、ニキビ、体重増加、むくみなど。

精神的症状

怒りっぽくなる、憂鬱、緊張、集中力・気力の低下、パニックなど。

PMSは、上記の症状が複合的に現れることが多いと言われています。またその症状は月によって変化する場合があります。

PMSの原因

PMSの原因については完全に解明されていないのが現状です。その中で最も有力な説が、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンが排卵後に増加することが挙げられます。それに関して以下のような状態が起こります。

血糖値の急激な低下

月経前は黄体ホルモンの影響でセロトニン(脳内で作られる精神を安定させるホルモン)が急激に低下。それにより血糖値の急激な低下を招くと言われています。それがPMSの精神的症状を招くのです。

水分貯留

月経前は黄体ホルモンの影響で水分を排出しにくくなり、代謝の低下と相まって体に水分を溜め込みやすくなります。それがむくみの他、頭痛、下腹部痛、乳房痛などの身体的症状に繋がると言われています。

PMSの治療法

PMSの原因が完全に解明されていないため、その治療も対症療法しか行うことができないのが現状です。
例を挙げると、

・低用量ピルを使用したホルモン療法
・鎮痛剤などを使用した対症療法

など。
そのため、薬に頼るのではなく、食生活や生活習慣を見直し予防していくことが重要です。

PMSに効果のある食材を組み合わせた最強ドリンクとは?

PMSに効果のある食材を効果的に普段から取り入れることが重要ですが、あれもこれもと毎日摂取するのは難しいですよね。そこでお勧めなのがPMSに効果のある食材を混ぜ合わせたドリンクを毎日摂取するという方法です。そこでお勧めしたいのが「豆乳バナナ」です。

豆乳バナナがPMSに効果があるワケ

豆乳には大豆イソフラボンが豊富に含まれています。この大豆イソフラボンは女性ホルモン、エストロゲンと似た構造を持っています。ですから、ホルモンバランスが悪いことが原因でPMSの症状が重いという方は豆乳を摂取するとPMSを軽くする効果があると言われています。
しかし、元々ホルモンバランスが整っている方が豆乳を多量に摂取するとホルモンバランスを崩し、逆に婦人科系の病気を招く恐れがあります。摂取量には注意し、200mlを上限と心掛けてください。
バナナは、トリプトファンというセロトニンの材料となるものが含まれているため、PMSに効果があると言われています。トリプトファンは単体で摂取してもセロトニンとはなりません。ビタミンB6と合成して初めて有効なセロトニンが生成されます。つまり、バナナにはビタミB6が豊富に含まれているためバナナを摂取することはPMSに有効なのです。

豆乳が苦手という方もバナナを混ぜ合わせると甘くなるため非常に飲みやすくなります。PMSにお悩みの方には豆乳バナナを継続摂取されることをお勧めします。

2014.06.29

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 遠藤幸子

エイジング美容研究家、美容ライター、@cosme公認ビューティスト。保有資格:日本抗加齢医学会正会員、アンチエイジングアドバイザー、スキンケアアドバイザー。1976年生まれ。ウェブサイトや雑誌の記事作成・監修を行う傍ら、ラジオや雑誌、企業のインフォマーシャルなどに出演。公式サイト「アンチエイジング ジャーナル」(http://antiaging-sachiran.com)

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介