日々の生活をもっと美しく! “ビューティフルライフ”のためのヒントたち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.06.28.Sat

“ビューティフルライフ”(美しき人生)、なかなか素敵な言葉だと思いますが、わが身を振り返ってみなさんどうでしょうか、今の自分の生活が美しい日々だと断言できますか?
忙しくて目の前のことに追われている日々でも、1年後、あるいは3年後の自分が振り返ってみて、“ああいい日々だったな”と思えなければ、なかなか“ビューティフルライフ”とは言えないでしょう。つまり、後悔しないためにも、1日1日の過ごし方をもっと大切に考えたほうがいいなと思うのです。そこで、“ビューティフルライフ”を手に入れるためのヒントについてまとめてみました。
どうか皆さんの毎日も“ビューティフルライフ”になりますように!

自分の生活を円グラフにして、客観視してみる

自分の生活がどんなものか客観視するために、1日の過ごし方について円グラフを作ってみましょう。仕事、睡眠、家事、家族や恋人、自分磨き、それぞれカテゴリーを作って自分がどんなふうに時間を過ごしているか、見つめ直してみると、今の自分に欠けているもの、ほんとはもっと時間をとりたいのにできていないことが見えてきます。

今の生活で不満なこと、改善したい点について考えてみる

上記の円グラフで見えてきた、不満や改善点について、なぜそれができていないのか、原因を考えてみます。それは自分の意思で、どれほど変えられるものなのでしょうか? 変えようと決意したら、それをはっきりと明確に書き出し、変えるために必要なアクションプランを作ってみましょう。そしてその決意を友だちや家族に伝えること、身近な人たちに決意表明すれば中途半端に挫折するのが恥ずかしくなり、モチベーション維持にもなります。

“感謝”の気持ちを意識することで、人生もっと明るくなる

不満点ばかりにフォーカスするのではなく、今の自分がいかに恵まれているか、幸せか、ということも考えてみましょう。1日の終わりに数分でいいので、“今日自分が幸せだと思えたこと”について考え、感謝する時間を持ちましょう。ないものを求めるのではなく、今ある自分を受け入れ、幸福感を高める大切な習慣のひとつです。

自分メンテナンスを怠らない

ココロとカラダの両面で自分をしっかりケアしてあげる“自分メンテナンス”時間を作りましょう。入浴タイム、マッサージ、瞑想、運動、ヨガなど、人それぞれもっともリラックスし、また明日への活力を養えるものがあるはずです。また睡眠不足ぎみな人は、しっかりと睡眠をとることも自分にしてあげられる大事なことのひとつです。

切り花、観葉植物、自然の一部を生活に取り込む

都会生活で、自然と縁遠い生活を送っている人は、切り花や観葉植物、小さなことでもいいので、自然の一部をなにか取り入れてみましょう。人間の力ではけっして作り出せない色や形に、心が癒されるはずです。疲れたとき、心が折れそうなとき、なにもかも嫌になってしまいそうなときにそうした存在があると、心がふと軽くなります。

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。