種類が3つも? ナッツの油って本当に体に良いの? 

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.05.09.Fri

良質な油分が取れるとして、ナッツが好まれていますが、実際ナッツの油分にはどんなものがあるかご存知ですか? 実は3つの種類のオメガ脂肪酸というものがふくまれていて、ナッツの種類によってバランスが違います。

オメガ脂肪酸の種類とは?

オメガ脂肪酸の種類には、オメガ3、オメガ6、オメガ9の3つがあります。それぞれ体内に必要な油分で、効能が違います。
オメガ3は血液をさらさらにする効果があり、血液の悪玉コレステロールを減らし、アレルギーを改善するなどの効果があるすばらしい油分です。代表的な油としては、アマニ油や魚に含まれています。
オメガ6の場合は、含まれる脂肪酸にリノール酸というものがあり、それが不足すると、皮膚や臓器などへのトラブルが発生する恐れがあります。代表的な油は、コーン油などの植物油、肉などから取れます。オメガ3とオメガ6は不飽和脂肪酸といって、体内で生成できない成分なので、食品からとらなければなりません。
そして飽和脂肪酸であるオメガ9は体内で生成することのできる成分なので、取りすぎる必要のない油分です。しかし、日常的に摂取することで、悪玉コレステロールを減らす効果があり、肝臓機能も高める働きが確認されているものです。代表的な油はオリーブ油やピーナッツ油などです。

どの油が一番大事?

それぞれどれも体内にとって大切な油分です。そかしオメガ6は普段から摂取しやすい油です。肉などを食べていれば特に気にすることのない油です。さらに大豆などの食品にも入っているため、味噌汁やしょうゆを摂取している日本人には不足することのない油なので、特に気にする必要もないようです。
オメガ9は体内で生成できるとあって、通常取る必要はありません。しかし酸化しにくい油として、加熱料理に使うときなどにとても役に立つ油でもあります。前述したように、健康を気に留めている人にとっては、摂取することで、対外に老廃物を排出してくれる油として、取り入れている人が多いようですね。
そしてオメガ3は一番不足しがちな油分です。魚などを食べない人にとっては特に不足しがちなので、ぜひ積極的に取り入れていきたい油分です。

ナッツはどのオメガ脂肪酸がふくまれている?

ほとんどのナッツにはオメガ9の脂肪酸が多く含まれています。前述したとおり、オメガ9は体内で生成できる成分なので、実際せっせと取り入れる必要がありません。しかし、多少たりとも食品から取り入れることで、悪玉コレステロールを減らしたり、また内蔵を強化してくれるので、ぜひ摂取したいですよね。しかし、オメガ9が多くふくまれているナッツですが、その他のオメガ脂肪酸の含まれる割合が違います。
ナッツにはオメガ3、オメガ6、オメガ9としっかりと3つ含まれており、また、それぞれのナッツで含まれているオメガ脂肪酸のバランスが違います。オメガ9が豊富で、オメガ3、オメガ6が少量違うバランスで含まれています。ぜひオメガ3が多いナッツを摂取したいところですが、ほとんどのナッツはオメガ3よりもオメガ6のほうが比率的に多くなっています。オメガ6は日常で十分摂取できている油なので、やはりナッツは摂取する必要がないの? と思いますよね。そのナッツの中でも比較的オメガ3とオメガ6がバランスよく入っているものが、クルミです。カロリーは高いですが、良質な油分を取りたいと思っている人にとってはクルミがナッツの中でもとてもオメガ脂肪酸のバランスが取れています。もちろんオメガ9もオメガ6も多量にふくまれているので、とりすぎには注意してくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。