ヨガを始めたら! マットの種類とラグの活用方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.04.26.Sat

気候も暖かくなり、カラダを動かすためにヨガを始めた人もとても多くなっています。ヨガを始めたけど、まだヨガスタジオのマットを借りてやっている人、また家でヨガをやりたいけど、マットがない人、たくさんいると思います。

どんなヨガマットが良い?

ヨガマットにはいろいろ種類があり、安いものからとても高価なものまでさまざまです。高いものは、それなりに使いやすさも出てきますが、初めてすぐなのに高価なものは手を出しにくいですよね。でも大丈夫です。安価なマットでも十分ヨガができるし、それなりに丈夫にできているので、ずっと使い続けることもできますよ。安いものでは1,000円くらいから、ホームセンターなんかでも売っています。薄いものから分厚いものまでさまざまですが、厚みもそれぞれ好みのがあるので、一度安価な買いやすいものを使ってみて、試してみるのも良いですね。

ヨガマットの厚さ

ヨガマットには3mmや6mmなど厚さがさまざまです。厚みがあるものは、床との差ができて、感触が良いので使いやすさを感じるかもしれません。逆に薄い3mm程度マットは、持ち運びやすい重さなので、とても便利です。使い分けるために2つくらい持っていても良いかも知れませんね。ヨガマットはいろいろなカラーバリエーションがあったり、模様がプリントされていたり、かわいらしいものがたくさんあります。好みの物を見つけるのも、ヨガを続けるポイントにもなりますよ。

夏の時期に大活躍なラグ

これからどんどん暑くなると、ヨガをやっていても汗をかきやすく、マットに汗がポタポタたれると、マットの上がとても滑りやすくなります。そんな時に活躍するのがヨガラグです。汗を吸い取り、滑りにくくしてくれるだけでなく、終わった後のカラダを休めるときにも、ヨガラグがあるだけで、とても心地よく休めます。さらに、ヨガマットを使っていると劣化が生じますが、ヨガラグを敷いておけば、劣化を妨げられ、さらにヨガラグ自体は結構丈夫な物が多いので、何度でも洗濯が可能! いつでも清潔な状態に保てます。ヨガラグにはタオル生地のものからコットンや麻でできたものまでさまざまです。なかなか市販では売っていませんが、オンラインショップなどで手軽に購入できますよ。

持ち運びが便利なヨガラグ

ヨガマットは持ち運びに荷物になってしまいますが、ヨガラグならかばんに入って、いつでも持ち歩けます。ヨガスタジオでは大体、ヨガマットをレンタルしているので、清潔なヨガマットを使いたいと思ったら、自分のヨガラグを持参すれば、ヨガマットの上に敷いて、いつでも自分専用のマットに早代わりできます。始めたばかりで、ヨガマットをどれにしようか迷っていたら、まずはヨガラグを買ってしまうのも良いかも知れませんね。

楽しくヨガを続けるにも、ヨガマットや服装などアイテムを自分好みに揃えるのも楽しみの一つになります。ぜひ、好みのマットやラグを探して、ヨガライフを楽しんでくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。