妊活に必要不可欠な健康体! それを手に入れるには●●を取り入れよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美泉菜月

Written by:

2014.04.19.Sat

妊娠するには健康な体が一番と言われますが、実際に「自分が不妊の可能性があるのではないか」と思ったことがあるか? という質問に対して雑誌『妊活たまごクラブ』において女性の51.1%が「ある」と回答していることが分かりました。その中でも理由に多いのが、仕事などの多忙の生活で疲れている、肩こりや腰痛がある、体がだるいなど、健康面に悩みを抱える方が数多くいることが判明しました。
妊活において健康状態はとても大切! そんな疲れた体を癒してくれるのがずばり「運動」なのです。

妊娠する体には運動で作る体がポイント!

妊娠するにあたって大敵な冷えや疲れは、体を温める入浴をしたり睡眠をたくさん取れば改善できるし、運動すれば余計に疲れやすくなり疲労が抜けないのでは? と思う方もいるでしょう。しかし、適度な運動は健康維持のためには欠かせない存在と、運動を取り入れている方誰もが言うでしょう。
適度な運動で筋力をアップさせることで、先ほどの不妊の原因と皆さんが自覚している疲れや肩こりや腰痛の軽減、体のだるさなど不調を取り除いてくれる効果があるのです。妊娠しやすい体を作るために今回特におすすめしたいのが「ゆっくり長く続ける有酸素運動と筋トレのように筋力をつける無酸素運動」です。

妊活女性におすすめ運動

水中で運動する

有酸素運動と無酸素運動はどちらも健康な体を手に入れるためには必要な運動ですが、これらを一度に取り入れることができる唯一の方法が、水中での運動。泳ぐのが苦手という方は水中でのウォーキングでも◎。水中での運動はストレス緩和にも効果的であり、妊活中に精神的ストレスが溜まりがちな方はよりおすすめ。

ランニング・ウォーキング

これらは有酸素運動ですので20分以上続けないと脂肪が燃焼されていかないため、20分以上取り入れること。疲れるように思いますがそれは大間違いで、週1~2回でも続けることで体が疲労を溜めにくく疲れにくいイキイキとした体が手に入ります。体が慣れないはじめは、ペットの散歩を担当する、駅まで小走り・歩く、エスカレーターを使わず階段を上るなど日常で取り入れられることから始めてみましょう。

スクワット

無酸素運動におすすめなのがスクワット。ほどよく筋力をアップでき、女性であれば気になるお尻周りやお腹にとても効果があります。曲げる膝をつま先より先にでないようにして続けるのがポイントです。場所問わず自宅でも行えるためさっそく取り入れてみましょう。

ヨガ

有酸素運動のひとつであり、じっくり体を伸ばし、筋力をつけたり体を芯から温めることができるため肩こり・腰痛の緩和、不妊の原因にもある冷えの改善にも効果◎。こちらも自宅でも行えるため、さっそく取り入れてみましょう。

これらを毎日の生活に上手く取り入れることができれば、妊娠しやすい体に近づけることができます。できる範囲の運動から取り入れて健康体=授かり体質を目指していきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/