デトックスで新生活スタート! 春のデトックス食材 10選(前編)

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2014.04.12.Sat

新生活がスタートする春は、デットクスにぴったりの季節! 体内に溜まったしまった老廃物は、肌荒れ、むくみ、冷え、セルライト、肥満、疲労感などさまざまなトラブルを引き起こします。春のデットクス食材で老廃物を排出し、身も心もスッキリ新生活を迎えましょう! 今日は春のでデトックス食材を5つご紹介します!

ビーツ

肝臓は体内に不要な有害物質や異物を排出する臓器。その肝臓を強化してくれるのが、ビーツに含まれるベタインとポリフェノール。また、ビーツには肝臓をキレイに洗浄する作用があります。ビーツは調理しても美味しいですが、オススメはビーツサラダ。生で食べることにより、ビーツの栄養価を最大限に生かすことができます。

セロリ

食物繊維の王様、セロリはデットクスにピッタリ! さらにセロリはジュースにして飲むと体内のPHのバランスを調節し、細胞機能を整えてくれます。セロリには、リン、マグネシウム、カリウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれているため、体内をアルカリ性に保つ作用があります。肉や乳製品などを食べてばかりいると、体内のアルカリを大量に消費してしまい、体内が酸性になりがち。酸性体質の体は、骨粗しょう症や内蔵炎症を引き起こす原因になります。セロリを食べて体内をアルカリ性に保つことで、血中に酸素を取り込み、細胞機能を正常に働かせる作用があります。

コリアンダー

水銀、カドミウム、ウラン、アルミニウムなどの有害金属は、加工食品や空気、生活用品などをさまざまな経由で知らないうちに体内に取り込まれています。これらの有害物質が体内に蓄積されると肌荒れ、肥満や体調不良だけでなく病気を招く原因にもなります。コリアンダーは、有害金属を体外へ排出する作用があることで知られています。さらに、肝臓、腎臓を酸化的ストレスから守る働きをしてくれます。

チアシード

高い抗酸化作用で知られるチアシード。チアシードには豊富なアミノ酸が含まれているため、蓄積された体脂肪の分解に効果を発揮します。またチアシードに含まれるαリノレン酸は、血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やして血液をサラサラにしれくれます。デトックス効果以外にも、チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸にはお肌をみずみずしく保つ保湿効果があります。

柑橘類

レモン、ライム、グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類は、デトックス作用があることで知られています。ビタミンCを多く含むため、強力な抗酸化作用も期待でき、お肌の老化を防いでくれます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!