自分の星座は生まれた星座だけじゃない! 裏の自分は何星座?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.03.28.Fri

テレビや雑誌なんかで取り上げられている星占いって結構気になりますよね。今日の自分の星座が何位なのかな? とか、今月はどんな運勢なのかな、と当たるか当たらないかは別にして、ついつい見てしまいます。そもそもその星占いは、占星術の中でもほんの一部をかいつまんだものなので、それがすべてではありません。なので、今日の占いは当たらなかった! と思っても普通のことです。

星読みチャートで占うのが本当のところ

では、本当の占星術って何なんでしょうか? 占星術で自分の星を占ってもらうときには、ホロスコープという図を作ってもらいます。それがいわゆる星読みチャートと言われるもので、その図を見ることであなたがどんな星の元に生まれたのかがわかります。この星読みチャートは生年月日と生まれた時間、さらに生まれた場所までわかるととても詳細なチャートを作ることができます。

自分の星座について

自分の星座はご存知ですよね? 一般的に言われている自分の星座というものは、「太陽星座」です。自分が生まれた月の星座は、太陽が昇っているときの星座なんですよ。なので、夜に自分の生まれた「月の星座」を確認することができないのです。
星読みチャートを見ると、太陽星座の位置に自分の生まれた日時の星座が現れてきます。それ以外にも月、水星、金星、火星、木星、土星、冥王星、海王星、天王星と全部で10個の星があり、それぞれに位置している星によって星座が分かれてきます。

星読みチャートで何がわかるの?

それぞれの星でどんな星座が位置するのか? を調べるための図が星読みチャートでなのですが、それぞれの星と星座の関係で、あなたの生まれ持った素質や、これからどのような運命になっていくかが見えてくるのです。この星読みチャートを読み解くことで、これからどのような行動をとると吉になるのかが見えてきたり、自分自身の事を理解することができるので、自分と向き合えるきっかけにもなるんですよ。

本当の自分は裏側にあった!

自分の星座は太陽星座が基本ですが、それ以外にもとっても重要な自分自身のことがわかる星座が、「月の星座です。月の星座は常日頃の自分自身が出てくる星座です。裏の自分でもあり、表の自分でもあります。自分の星座と見比べて実際間逆な性格の星座だった! なんてこともありますよ。普段の自分の性格や行動は月星座に関わっているので、自分の星座を見るときに、月の星座を確認してみると、もっと自分のことが理解できるようになります。
ちなみに太陽星座は、基本的に自分が輝いているようなときに、その星座らしい良い面が出てきます。自分の星座について調べるときは、その星座の良い部分がなんなのかを見極めると、自分らしく、そして周りから見てもあなたらしいね! と好感の持てる自分になれますよ!

星読みチャートを読み解くのはとっても難しい!

今は星読みチャートをインターネットで作ることができますが、実際読み解くのはとっても難しいのです。何年も何年も占星術について勉強していないとなかなかすべてを読み解くことができません。実際に自分のチャートを読み解きたいなら、星読み師や占星術師などに見てもらうのが良いと思います。占いのようですが、星読みはこのチャートを読み解くということがポイントですよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。