30代で紫系の色が気になりだしたらライフチェンジの兆し

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.03.30.Sun

30代に入ってくると、紫色が気になりだす人が多くなります。それには人生の機転とも関係しているようです。10代20代と自分のためにいろいろとがんばってきましたが、いよいよ30代にもなると、自分を見つめられる余裕と自分自身、そしてどう生きて行きたいのかが見えてくるようです。そこには紫色の意味が隠されています。

人生の見直し

仕事においても、家庭においても、だんだんと自分のやっていることや、やりたいこと、大きな仕事に携わるなどの機会が多くなります。そんなときに自分を見つめ直したり振り返ったりなど、自分自身を見直すときに自然と紫色が気になりだします。紫色は、全体を見通したり、細部を見つめたり、または過去の出来事を見つめ返す力を引き出します。人生の機転に察したときに、それらを見返すことが多くなるので、紫色が気になりだすというわけです。

変化のプロセスに必要な色

今まで順風満帆な人生を生きてきた! と自信を持っていえる人と、いろいろやってきたけど、今なんだか人生の転機だと感じる、と思う人と分かれると思います。後者の人たちはまさに30代に差し掛かったときに強くそれを感じるかもしれません。そこで紫色が気になってきたときには、まさに人生が変わっていく途中にいるかもしれません。仕事を変えたり、重要な任務を与えられたり、さらに家庭でも子供ができたり家を建てたりなど、今までの生活が変わっていくときに、なぜだか紫色が気になってしまうみたいです。

精神的にも乗り越えられたとき

どんどん紫色が好きになり、身に着けるものや小物など紫だらけになっていませんか? 自分自身がこれまでの困難やトラブルを乗り越えられたとき、さらに人生の変化があって満足してきているときに、紫色が大好きになった人は、精神的にも自分自身が大きく成長している証拠です。変化を乗り越えた先の自分自身は、晴れやかで活気のある未来が見えてきているのかも?

奉仕の色である紫

紫色はそもそも権威の高い人にささげる色であり、昔はなかなか取り入れることの難しい色でした。僧呂の法衣などにも使われる色で、精神的にも成熟している人の色です。そのため、紫色が気になっている人にとって、今の自分は、誰かに愛をささげたいときなのかもしれません。それは彼なのか子供なのかはわかりませんが、物質的にも精神的にも、誰かに喜んでもらいたいと思っていたり、自分自身が相手に奉仕することで満足したい、との欲求もあります。

心当たりはある?

精神的な変化や現実的に変化があった人は、紫色が気になりだしていませんか? それは良い兆しだと思って、紫色をお守り代わりに自分に身に付けてみてください。洋服やバッグ、小物、何でもよいと思います。紫色は精神的にもリラックスさせてくれる色でもあるので、身に着けているだけでも良いことがあるかもしれませんよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。