まだまだ風邪に要注意! 侮ってはいけない風邪予防を完璧にしよう

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.02.25.Tue

まだまだ侮れない風邪シーズン。インフルエンザを含む風邪のピークは1月から3月と言われており、2月もそろそろ終わりだからといって油断できません。
現在も風邪が流行するなか、インフルエンザの注意警告が出されている地域は急増中。そんなウイルスたちですが、すべてに共通することがあります。それは侵入方法! ウイルスはおもに「のど・鼻」から体内へ侵入するという共通点があり、それを阻止することによって風邪を防ぐことができます。油断するときが一番危ない!? まだまだ注意してほしい風邪の予防法についてお伝えしていきます。

ウイルスたちはのど・鼻から体内へ!

風邪やインフルエンザのウイルスはのどや鼻から侵入していきます。おもに電車やデパートなどの人ごみにウイルスが浮遊している可能性が高いため要注意。
最近は街中でも咳や鼻水をかんでいる人をよく見かけますね。なかでも風邪を引いた人がくしゃみをするとウイルスは3mも先まで、また普通の会話でも1mも飛ばすことも分かっており、くしゃみや咳などでの飛沫感染には最も注意しなければなりません。また、手や容器を介した接触感染なども同じく感染の原因となるため、電車のつり革などの公共物にも注意が必要。いずれにせよ、ウイルスはこうしてのどや鼻から侵入することで風邪やインフルエンザを引き起こすのです。

ウイルスの侵入を許さない体づくりとは?

1…侵入する元となる口や鼻をマスクで覆う!

おもにウイルスは口と鼻から侵入! その入り口をマスクで覆いましょう。また、乾燥するとウイルスが舞いやすくなるため、湿らせたガーゼをマスクのなかに忍ばせるとより予防効果がアップ! 使い捨てマスクの場合、外側にはたくさんのウイルスが付着している恐れがあるため、外側を触らずに外してゴミ箱へ、使い捨てでない場合は手洗いの際に一緒に軽くもみ洗いをして洗濯機へ入れるようにしましょう。今は風邪ではないけれど予防でマスクをしているという人がたくさんいます。風邪を引いて咳やくしゃみが出る人はエチケットとして必ずマスクを。
風邪予防には「マスク・手洗い・うがい」が基本中の基本です。

2…ウイルス撃退グッズを身につける!

外出先でもウイルスから身を守るグッズが続々登場しています。例えばサッと手をキレイにできるアルコールジェルやポケットや、バッジとして身に着けているだけで二酸化塩素分子で自分の周りのウイルスを撃退してくれるアイテムなど。この時期、絶対に風邪を引けない、大切な予定が詰まっているという多忙の方はぜひ取り入れてほしいです。
また家族一人が風邪を引くと家族感染しやすくなるため、風邪にかかりやすいお子様にウイルス対策グッズを持たせるのも効果的ですね。
筆者は子どものベビーカーや自分の胸ポケットにこちらをつけています。半径1mのウイルスをやっつけてくれる心強いアイテムです。
▽ 画像参考商品:Air Doctor携帯用ウイルス防衛隊

3…十分な睡眠と規則正しい食生活で健康な体作りを!

私たちの体温はたった1度下がっただけで、風邪にかかりやすくなるリスクが5~7倍にもなります。特に寝不足やストレス、アンバランスな食生活などで免疫や体の体温が低下しているとウイルスが体内に侵入したとき、抵抗力が弱まり風邪にも感染しやすくなります。よく学生が試験が終わった翌日から熱が出る・風邪を引くというのは、徹夜の勉強などで寝不足や不規則な生活になり免疫が低下していたうえ、一気に気が抜けて抵抗力が低下したため。十分な睡眠と栄養の摂れた食生活はもちろんのこと、体温を上げる半身浴や軽いウォーキングで免疫を高めたり、自分自身で絶対に風邪を引かないぞ! と強く思うことは抵抗力になり、とても効果的な予防法なのです。

今年のインフルエンザのピークは例年と比べ、3月上旬まで長引くと言われています。ということは、通常の風邪も3月になっても侮れません。
もうすぐ温かくなるからと安心・気を抜いているとかかりやすくなる風邪、これらで予防・対策を最後まで行っていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

【モデル・愛妻コンサルタント】フランスパリに美容を学びに留学後、美容カウンセラーとして活躍。その後、心理士として恋愛や結婚、夫婦問題のセミナーやカウンセリングを行っております。大好きなことは先にも後にも美容です。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/