仕事でストレスを溜めない! 早朝出勤に隠されたメリットとは?

2014.01.18

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

毎日会社が楽しくて自ら早朝出勤している! という方は少ないと思います。疲れがたまるにつれて出社時間もギリギリになったり、なかなか朝が起きられず遅刻寸前になったり……。しかしそういう方ほど、仕事が溜まっていたりストレスや疲れが溜まっているのです。実は早朝出勤にはストレスをなくし、心にも仕事にもゆとりができる秘密が隠されていたのです!

早朝出勤すると訪れるメリットとは?

1…誰もいない会社こそ快適な環境

日中は業務や電話の対応、お客さまへの対応、上司や先輩・同僚との業務連絡のやり取り、周りの会話や物音など、なにか自分の仕事から手を止めなければならない、集中できない環境がいっぱいです。
しかし、早朝はどうでしょう。これらすべてに邪魔をされずにまとまった時間が取れるのです。今、手がけている仕事だけに集中できるので、自分のペースで落ち着いて仕事を進めることができます。そして、仕事を早朝のうちに少しでも進めておくことで、日中、ほかの仕事や用件を依頼されたとしても心にも余裕を持って行うことができるのです。重要な仕事もこの朝のうちに行ってしまうことで心のゆとりが大きく違ってきますよ。

2…朝はひらめきが多い!

朝は独創的な仕事ができるゴールデンタイムです。なぜなら、朝が一番フレッシュな状態で脳を働かせることができるほか、一日休んでクリアになっている朝は新しい情報が入ってきやすく、頭の回転も速いのです。そのため、新しい仕事や企画物の仕事など「じっくり考える」が必要な仕事はこの朝がおすすめなのです。そして誰もいない朝となると資料や書類なども気にせずに広げて見ることができるのも早朝出勤の良いところです。
厄介な仕事も同様、嫌なことを先延ばしにするよりも朝一番にやってしまう方がその日一日の気分や、やる気も変わってきます。

3…周りが出勤してくる時間まで! という限りがあるから集中できる

夜に残業をしても集中できないし結局仕事もはかどらず明日へ持越し……なんて経験ありませんか? 夕方には脳も体も心もスイッチがオフモードに近づいてスムーズに働くことができなくなってきます。そして夜遅くまで仕事をすることで夜更かし→朝もギリギリまで寝ているという悪循環になります。
夜残業するくらいなら、朝早めに来て仕事をした方が何倍も効率的です。皆が出勤してくる時間まで集中しよう! という限りのある朝なのでその分、集中もでき、スキルアップにも繋がります。そしてだらだらと会社に残って残業をしないために退社時間を決めることが大切。

4…午後からは人から活力をうまくもらう!

朝は考えたりする仕事が向いているとお伝えしましたが、お昼を食べて眠くなったり疲れが出てくる午後からは単純作業や人と会う打合せや会議が向いています。人と話すことでその人から活力をもらう! というイメージで会話をすると元気がもらえたような気持ちになります。
午前は集中する考える仕事、午後は打合せや会議など話す仕事などというような調子が出るペースを自分なりにプランを作ってみるのも良いですね。デスクワーク中心の方は周りの上司や先輩にお茶入れを積極的に行ったりとなにか体を動かすことを取り入れると、周りも嬉しいし体も動いてリフレッシュできて気分転換にもなりおすすめです。

朝早く出勤している人は心のストレスが少ないと言われています。皆さんも早朝出勤、はじめてみませんか? 面倒だな~、朝はゆっくりしないな~と思えば思う人ほど、まずは一日でも良いので始めてみてください! きっと一日の仕事もスムーズに、ストレスや疲れが溜まりにくい心や体になってくるでしょう。

2014.01.18

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介