疲れたときに「アミノ酸」でパワーチャージ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.01.29.Wed

アミノ酸は私たちの体を作っている非常に大事な成分です。皮膚や血、そして筋肉を作るためになくてはならない成分です。よく化粧品なんかにもアミノ酸の成分が含まれているのをご存知ですか?
体にとって必要なアミノ酸は20種類もあり、その中でも体内で構成することのできない9種類の必須アミノ酸というものがあります。これらは食物からとる必要があります。

アミノ酸ってなにから取れるのか?

9種類もある必須アミノ酸ですが、どれが一番大事かというと、すべてのアミノ酸が必要になります。アミノ酸はおもにたんぱく質から取れます。たんぱく質が分解されてできたものがアミノ酸になるので、たんぱく質をすぐとってもアミノ酸には分解されません。しかもアミノ酸を分解するためにはビタミンB群が必要になります。チーズやレバーなんかはたんぱく質源であるうえに、ビタミンB群がたっぷりと含まれているので、効率的にアミノ酸を体に吸収することができます。

一番必要なアミノ酸はどれ?

必須アミノ酸はバランス良く取り込むことで、体内で効率的に働いてくれるのです。どれか一つでも体内に不足したアミノ酸があると、偏りが起きてしまいます。そのため、食事を取るときに気をつけたいのが、単品だけの食品を食べるということです。朝にパンだけとかおにぎりだけなどの単品は、効率よくアミノ酸を取ることができません。なるべく、パンを食べるなら、ハムとレタスとトマトを挟んで食べたり、おにぎりの具もシャケを入れて、海苔で巻けばたんぱく質とミネラルを一緒に摂取できてバランスが良いですよね。
お味噌汁を一緒に飲めば、大豆のたんぱく質を摂取できます。なるべく多くの食材からいろいろな栄養をとることで、自然に必須アミノ酸を取ることができます。

疲れたときにアミノ酸でパワーチャージ!

特に疲れた朝にはなるべくアミノ酸が含まれたものを食べることで、疲れが飛んでいきますよ。効率よくアミノ酸を体に吸収してくれる食材は鳥のササミや卵などです。これに野菜を一緒にとれば体内でアミノ酸として吸収されやすくなります。また、夜にアミノ酸を摂取しておけば、睡眠中の成長ホルモンの分泌により、より効率的にアミノ酸が体内に吸収しやすくなるので、すっきりと目覚めの良い朝を迎えたい方は、夕食にアミノ酸の食品を積極的に摂取してみてください。

運動のときにこそアミノ酸!

アミノ酸は筋肉疲労を和らげる効果があります。運動後にアミノ酸を摂取して筋肉の疲れを取るのも良いのですが、運動前にアミノ酸を摂取することで、疲れが出にくく、体のエネルギーをたくさん使うことができます。これはダイエット中の方も必見の要素ですが、体が疲れにくくなれば、効率よく脂肪燃焼のために体内のエネルギー、つまり脂肪を使ってくれます。アミノ酸は30分で体内に吸収されます。食事をしてからたんぱく質がアミノ酸に変わるまでの時間は大体2時間くらいと考えると、食事をしてから2時間半くらい後に運動をしたり、アミノ酸のサプリを先に飲んで運動をするのも効果的です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。