“話す”より“聞く”のが大事! 聞き上手さんの4つメリット

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.01.30.Thu

世の中には“上手な話し方の本”が溢れていますが、実は口数の少ない“聞き上手さん”の方がメリットが大きいことをご存知ですか? 「会話は苦手……。話が続かない」なんてあなたは、実はとってもコミュニケーション上手かも。そこで今回は聞き上手さんのメリットをご紹介します。

会話は“量”より“質”

なにを話そうか自分でもわからないうちに口を開いていませんか? 会話は“量”より“質”。自分の考えがまとまらないうちに頭の中の考えをどんどん口にし続ければ、「よくしゃべるけど、重要なことは言わない人」なんて発言を軽視されるようになってしまいます。気の置ける友人や家族ならともかく、誰かに意見を求められた時には話し始めるまえに、自分の頭の中にある意見をもう一度整理する時間を持ちましょう。「よくしゃべる人」ではなく「“良く”しゃべる人」を目指して。

“聞く”より“話す”ほうが気持ちいい

人は誰でも自己表現したいもの。人の話をじっと聞くよりも、自分の話をしたほうがずっと気持ちがいいものです。会話で人を楽しませたいのなら、話すより相手の話に耳を傾けて。「なにか話さなきゃ!」と焦るよりも、もっと相手に話してもらうように質問を投げかけてみましょう。「あなたの話がとっても面白かった」という満足より、「私の話をたくさん聞いてもらった」という満足のほうが「また会いたい!」に繋がります。

語るより行動!

将来の夢や、希望を語るのはとっても大切なことですが、そこに重きを置きすぎて行動がおろそかになっていませんか? もちろん、周りの人達に自分の目標を公言することで自分のモチベーションアップにつなげることもとっても素敵なことですが、“語る”ことよりも“行動する”ことにフォーカスすることを忘れずに。

“話す”より“書く”

自分の考えをより明確に確認するためにも、日記やノートを作り自分の気持ちを書き綴ってみましょう。誰かに心の内を話すよりも、ずっと考えをクリアにできるはず。日記などで想いを書き始めると「自分自身の気持ちに耳を傾ける」というとっても大切な習慣を身につけることができます。内面を客観的に見つめることで新しい自分に出会えるかも。

“人の話を聞く”ことは、ほかの人の意見や考えをたくさん学べるとてもいいチャンス。ちょっとだけ口数を減らして相手の話にじっくり耳を傾けてみれば、新しい発見があるかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。