他人事じゃない! 30過ぎると悩む人が続出する「白髪」を目立たせない方法

2013.12.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

白髪なんて年輩の人の悩みで、今の自分には関係ない話だと思っていませんか? 30を過ぎた頃から、 白髪が出始めて焦った! という人は意外と多いのです。また女性であれば、妊娠・出産を機に白髪が目立ち始めるということも。決して他人事ではないこの問題ですが、個人差も大きく、いつ頃から白髪が出始めるのか、事前にわからないのが怖いところ。自分の頭に白髪を発見して初めて危機感を覚える人が大勢います。そこで今回は、できてしまった白髪を極力目立たせない方法をご紹介したいと思います。

カラーで白髪は染まりにくい!

例え白髪があっても、いつも美容室でカラーをしているから関係ないんじゃない? と思っている方は要注意! 髪色を変える一般的なカラー剤と、白髪染めは、薬液の配合量に違いがあるため、普通のカラー剤では白髪は染まりにくいんです。サロンやセルフの商品が、白髪染めとファッション用のヘアカラーに分かれているのはそのため。ほんの数本の白髪であればファッション用カラーでも問題ないのですが、白髪が目立つようなら、白髪染めをおこなうほうが結果的にはキレイに染まってくれるようです。

髪色がダークになるほど目立つ

髪の色が暗いと、白髪との色の差がハッキリするので、余計目立つようになります。また、白髪の上から白髪染めやカラーなどで暗めの色をかぶせると、染めた直後はキレイでも、髪が伸びた時に下の方は黒くて上の方は白いという、プリンと逆パターンの現象が起こります。ファッション系のカラーも、黒染めもよくないのなら、一体どうすればいいの!? というわけで、解決策は以下。

なるべく明るめの髪色をキープする

できてしまった白髪を目立たせず、伸びた時にも色の差が出ないようにするには、全体を明るいブラウン系に染めてしまうのが一番です。全体が明るければ、白髪の白色もそれほど目立ちません。また、伸びると白髪が際立ってくるので、できる限りこまめにカラーをのせていくことも重要です。生え際から白髪になりやすいので、ひっつめ髪やオールバックなど、生え際があらわになるスタイルを避けるのも手です。

自分の変化を目の当たりにするのはショックな出来事ですが、諦めたり投げやりになったりせず、対応策を検討して、前向きに歳を重ねていきましょう!

2013.12.07

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by イトウウミ

健気に生きるOVER30。 読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。 将来の夢は、ご長寿日本一になる事。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介