海外のインテリア雑誌みたいに! オシャレなお部屋に必要なマストアイテムは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.12.24.Tue

海外のインテリア雑誌を目にすると、小さなお部屋でもおしゃれに、スマートに暮らしている例がたくさん見つかります。自分の家もそんなふうにおしゃれにしたい! と思ったら、まず特徴となるマストアイテムを揃えてみましょう。それだけで、ぐっとあか抜けて、センスのある空間に仕上がります。では、そのマストアイテムとは……??

マストアイテム1:間接照明は三脚フロアランプで魅せる

海外風のインテリアにしたいなら、部屋をほの暗く照らす間接照明が大きなポイントに。といってもただのスタンドランプでは没個性。おすすめはなんといっても三脚フロアランプ。どこかレトロ感を漂せながらもアーティスティックな三脚が個性を出してくれます。

▽ 参考:
三脚フロアスタンドランプ/楽天
グランフロアランプ/楽天

マストアイテム2:リビングテーブルにアート本を置いておく

ソファアに座ってゆっくりお部屋で寛ぐリラックスタイム。近くのテーブルに、自分のお気に入りの“アート本”を置くだけで、ぐっとセンスアップに。これは読むというより、眺めて楽しくための本なので、ビジュアルが美しいことを最優先に。海外のリゾートでは、よくこうした“アート本”がお部屋に用意され、コーヒーを飲みながら、ページをめくるのが至福の時間となっています。
ジャンルはまさに人それぞれ。現代アート、美術、建築、海外リゾート、動物の写真集など、インスピレーションを掻き立てるものを選んで。お値段はちょっとしますが、海外の写真集もセンスが良く見えます。

マストアイテム3:壁にデコラティブな額縁をかけてみる

ヨーロッパ圏では、写真でも絵画でもスマートに壁に飾っている例がたくさん。でも、スペースの限られた日本のお部屋でまったく同じように取り入れようと、するとなかなか難しいんです。そこで、ちょっとデコラティブな額縁だけを壁にがざってみてはどうでしょう? 本来、額縁とはメインのアートを引き立たせる脇役ですが、デコラティブな額縁なら独特の存在感を出し、かつあまり主張しすぎることもありません。
真っ白な壁に、ゴールドやシルバーといったカラーの額縁を飾るとリッチ感のある印象に。あるいはオレンジやライムカラーなどポップな色をアクセントとしてもよいでしょう。額縁のフレームも、オーソドックスな長方形以外にも、卵型や円形なども個性があっていいですよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。