いつまでも強い絆を! お母さんと一緒にしたら絶対楽しい4つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2013.11.03.Sun

小さい頃は無条件に大好き! だったお母さん。一緒に夕飯のお買い物に行くだけで十分楽しくて、お誕生日には特製の「肩たたき券」作りましたよね。だけど歳を重ねるごとに仕事も忙しくなり、休日は彼氏や友人との時間に取られて母親と過ごす時間が少なくなっていませんか? 今回は親子の絆を深めるために昔のように一緒に楽しみたい4つのことをご紹介します。

一緒に料理をする

いつも家事を任せっきりのあなたは、是非次の週末一緒に台所に立ってみて。料理をしながら、子供の頃好きだったメニューや一生懸命作ってくれたお弁当の話をすれば、母親もあなたの懐かしい思い出話を聞かせてくれるはず。昔話しに花を咲かせながら、あなたの大好きな一品のレシピもちゃっかり教えてもらいましょう。2人きりで料理なんて何だかちょっと気恥ずかしい……という方は、一緒にクッキングスクールに行ってみるのもおすすめです。

若い子が行くお店やスポットへ連れて行く

流行に敏感でいつも若々しいママをお持ちのあなたは、お気に入りのスポットに連れて行ってあげましょう。母親が友達とは絶対に行かないような服屋さんや面白い雑貨屋さんに行ったり、お気に入りのネイルサロンでかわいいネイルをしてもらうのも気分転換になるはず。あなたが普段どうやって過ごしているのかをさりげなく母親に知らせてあげるのも大切なことです。

母親の趣味を一緒にやってみる

ガーデニング好きなら一緒にお庭で仕事をしてみたり、お裁縫好きなら一緒に縫い物をしてみたり、母親が情熱を傾けることを一緒にやってみましょう。それだけで“あなたのことに興味がある”と伝えることができます。大好きなことをしているときは会話も弾みやすく、2人の距離を縮めるのに絶好の機会。母親が力を注いでいることを理解する中で、今まで知らなかった新たな一面が発見できるかも。

部屋の模様替えをする

模様替えは重い家具を動かしたり、新しい雑貨をそろえたり、一人ではなかなか手をつけにくい作業。だからこそアイデアを出し合って一緒に新しい部屋を作ってみましょう。「そこまで大々的には……」という方は今の時期、クリスマスツリーを一緒にデコレーションしてみるだけでも、きっと楽しい時間が過ごせますよ。

一人暮らしや、結婚、そして自分自身が母親になるタイミングでなければ、なかなか“母親の大切さ”を確認することはできないものです。放っておけばどんどんと離れてしまう母親との距離、もう一度見つめ直してみてはどうでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。