孤独は自分を強くする糧! ひとりになることを恐れない方がいい理由 4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.10.13.Sun

SNSなどで常に人とつながっている現代では、ひとりになる時間がほとんどないと言っても過言ではありません。意識的に外部との接触を制限しなければ、ひとりの時間を作ることができなくなりつつあります。でも、ひとりの時間は、自分自身を見つめる大事な時間。ひとりでいるからこそ、アイデアが閃いたり、自分の本心が見えたりするんです。そこで今回は、ひとりの時間を作ると、どんな良いことがあるのかまとめてみました。

自分の本当の気持ちがわかる

ひとりの時間を作ることで、心身ともにリラックスできます。すると、他人の意見と自分の意見を分けて考えられるようになるでしょう。他人と一緒にいると、どうしても影響を受けてしまいがち。周りの意見=自分の意見になってしまうこともあるでしょう。しかし、ひとりの時間を意識的に作ることによって、おのずと自分の本心が見えてくるはず。

ひとりの自由を満喫できる

身近に誰かの存在を感じると、なかなかリラックスできません。どんなに親しい相手と一緒にいても、発言や行動にも多少制限がかかってしまいます。でもPCもスマホもすべて電源を落として、ひとりの時間を作れば自由を満喫できるでしょう。誰からの制限も受けずに、自分だけの時間を楽しめるのです。このときに、趣味や好きなことをするのもオススメ。一気にストレスを解消できますよ。

普段思いつかないアイデアが浮かぶ

ひとりの時間を過ごしていると、退屈することもあります。そんなときに、散歩をしたり、あなたの好きな場所にブラリと行くことで、普段、思い浮かばないようなアイデアが閃くことがあるでしょう。それは仕事に関するアイデアかもしれませんし、いつもの遊びに工夫を加えることかもしれません。いずれにしても、ひとりでいるときの方が斬新なアイデアがひらめきやすいでしょう。

等身大の自分が見える

誰かと一緒にいると、自分自身が見えにくくなってしまうことがあります。もちろん他人がいるからこそ、自分が見えることもあるのですが、ひとりの時間を持たないでいると、等身大の自分が見えにくくなるでしょう。だけどひとりの時間を持てば、等身大の自分が見えてきます。そして、自分ひとりでも「これができる」なんてものを見つけると、それが自分に対する自信につながることもあるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

羽音(はのん)

都内在住のライター/編集者/コンテンツディレクター。
17歳の頃、演劇をはじめ次第に舞台脚本に興味を持ち、紆余曲折を経てライターに……。映画、旅行、自然が大好き。