ムダな付き合い、実は多くありませんか?人間関係デトックスのヒントたち

2013.10.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

10月から年末に向けて普段会えない人たちと会ったり、さまざまなイベントが多かったり、なにかと忙しい季節になります。スケジュール帳には予定がびっしり詰まっていて、週末もひとりでゆっくり休む時間などないくらい誰かと会う約束で埋まっている、なんてことも多いのではないでしょうか。

なるほど交友関係が広く、どこからも引っ張りだこというのは一見なんとも充実しているように思えますが、本当のところどうでしょう? 実は付き合いを断りきれなかったり、相手に合わせるために無理やり予定を組んでいたりしませんか? 八方美人的にあらゆるお誘いをOKし、断りきれないというのはかえって大きなストレスの原因となることがあります。
美容と健康のために体にデトックス(解毒)が必要なように、雑多な人間関係もときにはデトックスが大切。本当に必要とは思われないお付き合いには思いきって「No」とお断りの意思表示をする勇気を持ちましょう。今回はそんな人間関係デトックスのヒントをまとめてみました。

“本当に必要な付き合い”とそうでないものをしっかり見極める

友だち、同僚、家族や親戚、あらゆる方面から、いろんなお誘いがきますが、割ける時間は限られています。すべての集まりに参加していたら、時間はあっという間になくなり、自分のために必要な時間までなくなってしまうでしょう。まず、本当に今会いたい人たちなのか、そうでないのか、しっかり自分のニーズを見極めて。

“自分のための時間”を予定に組み入れる

飲み会など楽しいイベントでも立て続けだと、ついつい自分時間を逃してしまいます。家のことや自分メンテ、精神的にもひとりになって休む時間はとても大切なもので、エネルギーをチャージするためにも確保すべきなのが“自分のための時間”。スケジュールが埋まってしまう前に、まず先に自分時間を確保して予定に組み込んでしまいましょう。

1度誘いを断ったら、2度と誘ってもらえない、という不安を捨てる

誘いを断れない人に共通するのが、“これを断ったら、もう次はないかも…。”という不安が大きいこと。でも1回や2回断ったからと言って、誘われなくなるなんて発想がお子さまだし、ほかにきちんとした理由があるなら、「ごめんなさい、本当に残念なんだけど、○○があってその日は都合がつかないの。次回また声かけてね」と言って断れば、相手側もきちんと納得してくれるはず。根拠のない不安に振り回されないように!

毅然と「No」と意思表示できる女になろう!

誘いを断るのが相手に申し訳ない、悪いと思うあまり、「いいえ、参加できません。ごめんなさい」と言えない人も多いようですが、いつでもOKしていたら、結局周囲に合わせるあまり、自分の都合を犠牲にするハメに…。それでは誘ってくれた相手にも失礼だし、むりやり都合つけて参加しても楽しめませんよね。大人ならそろそろ、イエスとノー、しっかりと意思表示できる女を目指しましょう。行けそうにない、参加できそうにない、というときしっかり「行けません」と言えることが結局、相手のためにも自分のためにもベストな方法だと思います。

参考記事(海外サイト):Detox your contacts list

2013.10.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介