簡単にスッキリ整理したい! クローゼット整理術3つ

予約していた秋冬の新作が届いて、いざクローゼットにいれようとしたら、手持ちの服で一杯になっていて、スペースがなかった! なんてこと、ありませんか?
今回は、気付かないうちに増えてしまう服や靴を上手に片付ける方法を、20代女性へのインタビューを基にご紹介します。

1、シンプルが一番

「雑誌を見ていると、見せる収納や可愛い飾り付けの方法がたくさん載ってるけど、私にはできないなぁと思います。家に遊びに来るのは本当に親しい人だけだから、そこまで頑張らなくてもいいというか。とにかくシンプルに、透明なボックスを重ねて整理しています。」(25歳女性/企画)

▽ きちんと片付くことが基本なので、収納用品でクローゼットを使いやすくするという考え方です。透明なタイプだと中が見えるので便利ですね。

2、靴とバッグは「見える化」で整理

「好きですぐに買ってしまうのが、靴とバッグ。以前は、箱に入れたまま詰め込んで、自分が何を持っているのか忘れてしまうこともありました。今は、すべて箱から出して見える状態にして置いています。小物選びの時間も短縮されました」(26歳/人事)

▽ 確かに、手持ちのアイテムを把握していないと、買いすぎたり選ぶのに時間がかかったりしてしまいますね。パッと見てわかる状態にしておくというのがポイントです。

3、ジャンルごとにわけてスッキリ

「一度、リサイクルに出すために服を全部出したんですが、その量に圧倒されて片付ける気力を失いそうになりました。まとまった量になると、整理しにくいので『トップス』、『スカート』などにこまかく分けて、ハンガーにかけたりケースに入れたりしています。それぞれ、決まったエリアからはみでるくらい増えたら、売るか捨てると決めています」(24歳/営業)

▽ 大まかに分類することで、種類や量を把握する方法です。定期的に持ち物を見直せるのも良いですね。

クローゼットの中がスッキリしていると、買い物やおしゃれがさらに楽しくなりそうです。新しい服を買った時や衣替えの時期に始めるのがおすすめですよ。

2013.10.09

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 吉戸 三貴(よしど みき)

コミュニケーションスタイリスト。パリ留学、美ら海水族館広報、PRプランナーなどを経て、表参道で起業。ブランドPRや女性の悩み相談など、様々なコミュニケーションの課題解決をサポートしている。得意分野は、コミュニケーション(恋愛・仕事)、働く女性、ライフスタイル、仕事術など。 著書 『心に残る人になる たった1つの工夫「ありがとう」の手書き習慣』

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介