理由のないモヤモヤを解消。漠然とした不安を乗り切る考え方

何か大きなトラブルがあったわけではないけれど、なんとなく自信がない。今の仕事や将来のことが漠然と不安になる。そんな気持ちになったことはありませんか?
何を学び、どこで働くのか、どんな暮らしをするのか、恋愛に結婚、出産など、人生の様々な場面で私たちは何かを「選択」しなくてはいけません。時には、決断できずに迷ったり、選んだものの正しかったのか悩んだりということもあります。

でも、漠然とした不安は、感じていてもただモヤモヤが大きくなるだけで、現状を変えてくれるものではありません。「最近、なんだか悩みやすいな、落ち込んでるな」と感じたら、できるだけ早く対処して、本来の自分のペースを取り戻しましょう。

「低調な自分」と付き合う方法を見つける。

不安を感じている状態から急に元気になろうとすると、かえって落ち込みが深くなる可能性があります。
気持ちが沈んでいる時は、悩んでいる自分自身の心にやさしく寄り添ってみましょう。SNSなどもお休みして自宅で静かに過ごす時間をつくる、泣ける映画や音楽で悲しい気持ちを外に出すなどして、ローテンションな自分を許してあげることが大切です。しばらくすると、低空飛行にもあきてきて、自然と気持ちが前を向いてくるはずですよ。

小さな変化で、自信をつける。

悩んでいるだけでは、考えが堂々めぐりになって、なかなかそこから抜け出せないものです。気持ちが少し落ち着いて、不安を少しでも減らしたいと感じたら、なにか1つ新しいことをしてみましょう。
違う道を通って学校や会社に行く、最近会っていない人に会う、ずっと気になっていたお稽古事に挑戦してみるなど、「今」にちょっとした変化を起こす行動をする、ということです。小さな変化が積み重なることで、新しい出会いが生まれたり、行動できる自分に自信がついたりすることが期待できます。

いつも元気でキラキラと輝いてみえる人でも、実は悩んでいたり、陰ながら地道な努力をしていたりするものです。自分だけかも、と悩まずに、上手に不安と付き合って乗り越えましょう。

2013.08.06

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 吉戸 三貴(よしど みき)

コミュニケーションスタイリスト。パリ留学、美ら海水族館広報、PRプランナーなどを経て、表参道で起業。ブランドPRや女性の悩み相談など、様々なコミュニケーションの課題解決をサポートしている。得意分野は、コミュニケーション(恋愛・仕事)、働く女性、ライフスタイル、仕事術など。 著書 『心に残る人になる たった1つの工夫「ありがとう」の手書き習慣』

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介